TOP > 社会 > 「あっち行け」「ブタ!」 各地で相次ぐ「不適切保育」、園児の心に深い傷:東京新聞 TOKYO Web

「あっち行け」「ブタ!」 各地で相次ぐ「不適切保育」、園児の心に深い傷:東京新聞 TOKYO Web

14コメント 2020-08-31 06:31  東京新聞

園児を突き飛ばす、怒鳴る、食事を無理やり食べさせる―。こうした保育所内の「不適切保育」は、子どもが被害を訴えにくく表面化しづらい。厚生...

ツイッターのコメント(14)

あー心が痛い
子どもを傷つけないで欲しい
「規制緩和や人手不足で保育士の労働が強化され、ストレスなどから虐待が起きやすい状況になっている」規制緩和が、子供を苦しめている。
自分も目撃したことがある話を一つ
1歳児を激しく揺すって大声で恫喝し、大泣きで逃げ出した子に「泣けばいいと思うなよ!」と追い討ち
他の保育士に得意げな顔を向け、周りの保育士も笑ってた
園長は「私は保育士を信じます!」といい、区の担当者は園を全面信用だった
1歳児クラスに通う子どもが帰宅後に「痛い、痛い」と訴えたといいます。園児への暴言や暴力など保育所内の「不適切保育」は表面化しづらい。厚生労働省が初の実態調査をする方針です。
各地で相次ぐ「不適切保育」、園児の心に深い傷 もちろん、虐待をする人が1番悪いのだが
保育士の配置基準の見直しと人員確保を早急にしてくれないかな?🤔
ちょっと、これはひどい、、、ありえない、、
各地で相次ぐ「不適切保育」、園児の心に深い傷 保育園の人格診断した方が良いね、何も分からない子が可哀想過ぎる😭
児童虐待防止法の守備範囲に学校や施設内での虐待が含まれてないのも法律上の不備・・・一方で余りにも保育士を含む福祉従事者の待遇が悪すぎるのも...
「弱虫だから」「足短いんだからさ」「嘘泣きでしょ」「またお漏らしして」愛情や信頼関係があれば乱暴な言葉がけも大丈夫と考える保育者がいる。配置基準見直しは大事だがその人の持つ資質も重要。
厚労省が初めて保育園における不適切保育の実態調査をやるらしいけど、

しゃべれない園児たちを虐待から救うだけじゃなくて、虐待が起きにくい現場づくりにつながるといいな。
自分も保育園に一年3ヶ月いるけど、先生で言葉遣い悪い人は悪いよ。
たまたま子供が棚の前に立ってたら、「あんた!邪魔!」と。
そーゆー先生に限って保育士歴20うん年とか。
もう監視カメラ義務付けだよ。
保育所内の「不適切保育」は、子どもが被害を訴えにくく表面化しづらい。
虐待の一因とされる保育士不足や労働環境の悪化を同時に是正する必要性を指摘する声も出ています。

東京新聞
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR