TOP > 政治・経済 > 世論を顧みず、敵と味方に分断 「安倍カラー」政策を押し通す <安倍政権 緊急検証連載>:東京新聞 TOKYO Web

世論を顧みず、敵と味方に分断 「安倍カラー」政策を押し通す <安倍政権 緊急検証連載>:東京新聞 TOKYO Web

35コメント 2020-08-30 06:41  東京新聞

<一強の果てに 安倍政権の7年8カ月(1)>◆デモ参加に批判の書き込みが… 「何かに反対したいだけの『そういう人』と、色眼鏡で見られ、...

ツイッターのコメント(35)

<一強の果てに 安倍政権の7年8カ月(1)>
緊急検証連載(1)>


「社会は多様な人たちでつくっているのだから、『こんな人たち』と排除しない政治を取り戻してほしい。」
政治家は国民の意見を聞け!
それだけだ。
東京新聞による 緊急検証連載>シリーズ第1弾。

結論:まあ、つくづく糞な首相だった。

世論を顧みず、敵と味方に分断 「安倍カラー」政策を押し通す <安倍政権 緊急検証連載>:東京新聞 TOKYO Web
自国民を敵と味方に峻別する政治手法は、アベ政権の特徴の一つです。
今ネット上では、アベ氏への感謝を強要する動きがありますが、「こんな人たち」と呼ばれた国民も、アベに感謝しなければならないのでしょうか?
この政権は「分断による統治」。それに尽きると思う。
<分断の背景には、首相が世論を顧みず、国論を二分する法律の成立を強行したことがある。
 国民の知る権利を侵害する恐れが強い特定秘密保護法。自衛隊の海外での活動を広げ、多くの憲法学者が違憲と指摘した安保法―。国会前には、抗議する市民が連日のように駆けつけた>
世論に反対されたら強行採決すればいいという悪しき前例を残した最悪の内閣だった。自民党は議論をした上で国民に説明することが出来ない政党と証明した
東京新聞だから"そういう"記事になるのは仕方がないのだろうが写真見てるだけで香ばしさが伝わってくる。
結局、アベは悪いことしか決めていない。長期政権は日本を腐敗させたと言えるのではないでしょうか?
「  政権基盤である保守層をまず固め、それを支持の核として政権運営を安定させる首相の政治手法。時間をかけて議論するよりも、
いや、違憲立法は分断とか排除とか無関係にダメだから。的を外してる。
安倍の言う「政治は結果が全て」って、「民意とは無関係に、自分がやりたいことができたかどうか」という意味だったのだと改めて感じる。


Web
安倍政権を一口で言うなら・・・数の力で悪政を押し通した独裁政権だった。
それもこれも自公に多数を与えた選挙民の無知無能さに起因する。
政策には賛否は付きもの。少数意見であっても民意を汲み取り、可能な限り反映させるのが民主主義だと思います。それを敵と見做し、切り捨て続けたのが安倍政権でしょう。だからヘイトや分断が顕在化したのです。
世論を顧みず、捏造報道して
国民を欺いているのは、おま
えらマスゴミだろうが💢😡
安倍政権の足を引っ張り、
国民の意見を捻じ伏せ、日本
を売り渡すクソ💢
怒られる人は嫌いだもん
東京新聞で今日から始まった特集 「一強の果てに」
こういう検証する特集はいいですね。テレビでは、なにやら礼賛番組がすごいそうですが(用意してたの?)新聞ならではの特集。明日からも期待します。
アベ政権の7年8ヶ月。尽く民意を無視して力任せに政策を推し進めてきたことがわかります。💢
♯不買東京新聞。
国のリーダーを貶め、凡ゆるネガティブ報道を行うマスゴミ。
書くのが遅すぎる。政権5年目くらいには一度くらい記事があったのかもしれないけど。ただ現政権が「分断して統治せよ」を極めて悪い意味で行使したのは事実ね
《首相は政権批判の声を上げる聴衆を指さし「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と声を荒らげた》
象徴的な言葉。トップ自ら分断を作り支持率を維持する手法。

自民公明維新N国は差別主義・反知性主義を堂々と掲げてるくらいだからこうなったのは当然の帰結っつーか首を挿げ替えたくらいで変わるとはとても思えん…:
首相「こんな人たちに負けるわけにはいかない」
安倍政権による失われた7年8カ月。脱法行為の数々、議会制民主主義の毀損、経済成長の伴わない見せかけの株高維持等々・・・
「象徴的なのは17年7月の東京都議選。秋葉原駅前での街頭演説で、首相は政権批判の声を上げる聴衆を指さし「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と声を荒らげた。この対応を批判されると、同年10月の衆院選からは遊説日程を公表しない「ステルス作戦」ア0だよ
いや敵は「そういう人」だろ笑
本人達に自覚ないまま盾をやらせてるのが問題なんだよ。
安部カラーなる謎の言葉で「自分たちはパヨってない」アピやめてもろて🥺

 「安倍カラー」政策を押し通す:東京新聞 TOKYO Web
いまだ「シールズ」を正当化しようとする東京新聞の報道姿勢に驚きました。
「シールズ」は共産党別動隊(日本版紅衛兵)であったことは明らかではありませんか。

日本版文化大革命なんて最低です。
始めは私もなにがあるんだろうから、安倍さんがこんな人に負けるわけにはいかない、と演説した事で現政権に疑問を持った。上級国民は安倍の様達で、毎日汗水垂らして働き続けても食べるにやっとの国民に知らない間に分けられていた事にきがついた。
さぞかし検証のしがいがあると
?って大事な問いかけと思う。
願うは「排除しない政治」
異なる意見(朝鮮人の意見を聞いてお金をよこせ)
ウリたちはそんな総理を求めているニダ!
東京新聞 TOKYO Web

しっかりと議論して国民とコンセンサスを通す政治は、自民党、公明党には、絶対にできない。
今の与党政権では、民主主義の中でまともな政治はムリ、政権交代しかない。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR