TOP > 社会 > 「1億総活躍」「出生率」「地方創生」 数値目標掲げるも看板倒れ次々:東京新聞 TOKYO Web

「1億総活躍」「出生率」「地方創生」 数値目標掲げるも看板倒れ次々:東京新聞 TOKYO Web

21コメント 2020-08-29 10:26  東京新聞

辞任を表明した安倍晋三首相が7年8カ月にわたる長期の政権運営で、一貫してこだわったのが経済政策「アベノミクス」の推進だ。経済成長やデフ...

ツイッターのコメント(21)

口八丁手八丁……最後までやらない 飽きる癖 やってる感演出 そしてやらない‼️
レガシー無いオトコ……👀
「出生率」「地方創生」 全然ダメだったね

【東京新聞】「1億総活躍」「出生率」「地方創生」
トリクルダウン理論はアベノミクスをしなくても中国の影響で実現していた。奈良県も同じ政策のため駄目。政策は見直されるでしょう。観光政策は消えるでしょうね。観光大手も縮小を決めていますから。
@mothi0519 失敗だらけの安倍首相の公約
東京新聞さん頑張ってるね。っていうかこういうことやるのが新聞のほんとの仕事ですよね。よいしょばっかでなく。
東京新聞はマスコミの負の遺産だな。
数値目標掲げるも看板倒れ
出生率と地方創生はむしろ悪化していて深刻な問題ですなー。
@sanngatuusagino @jijajoc 東京新聞の今日の記事です。
安倍政権の検証シリーズ記事も始まりそうです。
"「合計特殊出生率」は19年が1・36。12年の1・41より下がり、少子化に歯止めがかかっていない"

メモ)2017年9月 安倍政権は少子化「国難突破解散」。国難突破できないまま
やっぱり一晩あけても
←ていうか❗今日じゃん‼️
など全部現在進行形…!総括とかシンミリ(???)してる場合じゃなくない? が感想ながら、振り返りするならこの辺?という
ネトウヨ勢による安倍晋三評がファンタジーだらけで目も眩むような有様なんだが,これが安倍政権の現実だと,いつになったら理解できるようになるのか.
安倍政権の評価の中で、株価や失業率は改善したが、看板政策の一つである地方創生は全く進展しなかった(どころか退化した)。地方からは厳しい評価をするべきだと思う。
しかし地方首長で厳しい意見を述べる人はおらず、香川でも安倍さんありがとうムードの報道が続く。
官僚に言われたままを言う。
その内容が言いまわしで嘘になる。
頭がいいと幅を持って言う。

数値目標を打ち上げながら「看板倒れ」に終わったことを示すデータも少なくない。
安倍さんの功績って何?
安倍首相が7年8カ月にわたる長期の政権運営で、一貫してこだわったのが経済政策「アベノミクス」の推進。経済成長やデフレ脱却の実現に意欲を示し、実績として株価の回復や雇用環境の改善などを強調
賃金上げの公約は?
結局取り巻きに国民のケツの毛まで抜かせる為の法整備して支援しただけだったのでは?一番やばいのは「少子化対策と言いながら実は産後支援」とか言葉の差し替え数知れず。
安倍政権が次々に掲げた「看板」。退陣表明を機に振り返っても、記憶が薄いのは、成果の乏しさゆえなのかもしれません。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR