TOP > 社会 > 「公権力への絶望が広がった」 辞意表明の安倍首相に識者らから厳しい評価も:東京新聞 TOKYO Web

「公権力への絶望が広がった」 辞意表明の安倍首相に識者らから厳しい評価も:東京新聞 TOKYO Web

22コメント 2020-08-29 07:15  東京新聞

体調不良で辞任する意向を明らかにした安倍晋三首相に対し、識者からは辞意の判断を評価する一方、新型コロナウイルスを巡る対応を批判する声も...

ツイッターのコメント(22)

内田樹さん「公緊急事態に首相に権限を集中しても意味がないということを露呈してしまい、改憲の大義名分が消えた」→「権力への絶望が広がった」
内田樹さんの例の予定稿、東京新聞だったのだろうか?🤔

《日本の国際社会における多くのランキングで「先進国中最下位」が定位置になった。首相が数々の疑惑を免責されたことが常態化し公権力への絶望が広がった》
神戸女学院大名誉教授・思想家内田樹(たつる)さん 

安倍政権の7年8カ月で国力が落ち、日本の国際社会における多くのランキングで「先進国中最下位」が定位置になった。
男女格差の広がりが「スローガンのみ」「言うだけ」「やってる感」の安倍政権を象徴する。世界で121位だ……「のびしろ」だらけなのに何もせず。無能無策。
「田原総一朗」のコメントは醜悪だ。昔、田中康夫さんが「国会を見てきたような」と揶揄したごとくに、野党を叩き、いつも自民党を庇ってきた。もう、ご隠居をおすすめ、します。
日本の国際社会における多くのランキングで「先進国中最下位」が定位置になった。首相が数々の疑惑を免責されたことが常態化し公権力への絶望が広がった
田原総一郎「在任中のレガシーは集団的自衛権の行使容認。冷戦後の日米同盟強化のため必要だった」
え❓
安倍政権の7年8カ月で国力が落ち、日本の国際社会における多くのランキングで「先進国中最下位」が定位置に。首相が数々の疑惑を免責されたことが常態化し公権力への絶望が広がった。コロナ禍では失態を重ね、緊急事態に首相に権限を集中しても意味がないということを露呈
内田樹さんが素晴らしいコメント。あとの二人はダメ。内容が薄い。
女性活躍を評価? 労働者人口を増やすことだけを目的とした政策だったと思ってる。輝け働けWLBと号令掛けるだけ。実際起きたのは福祉切り捨て。保育園も保健所も足りない。
公権力への絶望は大阪でも広がってそうだな・・・。
「予定稿」の新聞ですかね。
「安倍政権の7年8カ月で国力が落ち、日本の国際社会における多くのランキングで『先進国中最下位』が定位置になった。首相が数々の疑惑を免責されたことが常態化し公権力への絶望が広がった」。内田樹氏の的確な評価だ。骨格が毀損された民主国家を立て直すのは容易でない。
内田樹さん「安倍政権の7年で国力が落ち、『先進国中最下位』が定位置になった。首相が数々の疑惑を免責されたことが常態化し公権力への絶望が広がった。コロナ禍で失態を重ね、緊急事態に首相に権限を集中しても意味がないことを露呈し、改憲の大義名分が無くなった」
厳しい「評価」をするだけで終わらせてはならない。川に落ちた犬を叩き、死者を鞭打つような「責任追及」を続ける姿勢がなければ、過ちを何度でも繰り返すだけだろう。
田原総一朗「だが野党が、経済政策の対案を示せず、長期政権を許したのだと考えている。」違う。対案は示しているマスゴミのコントロールで、野党案は殆ど報道されない。ーーー
体調不良で辞任する意向を明らかにした安倍晋三首相に対し、識者からは辞意の判断を評価する一方、新型コロナウイルスを巡る対応を批判する声も上がりました。
知識人って気楽だね。
言うだけタダ
安倍首相の辞任表明。
「 」の面から識者に話を聞きました。

掲げたのはいいけれど、その中味は、実態は…ジェンダーギャップ指数121位が表しています。

「原因を分析し構造的な問題の解決につなげないと」
東京新聞
安倍政権の7年8カ月で国力が落ち、日本の国際社会における多くのランキングで「先進国中最下位」が定位置になった。首相が数々の疑惑を免責されたことが常態化し公権力への絶望が広がった🤔
「同じ顔触れでの政権のたらい回しは許されない。」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR