TOP > 社会 > 都が酒類出す飲食店とカラオケ店に時短営業要請 午後10時まで、協力金は20万円:東京新聞 TOKYO Web

都が酒類出す飲食店とカラオケ店に時短営業要請 午後10時まで、協力金は20万円:東京新聞 TOKYO Web

20コメント 2020-07-31 06:33 | 東京新聞キャッシュ

新型コロナウイルス感染者の増加を受け、東京都の小池百合子知事は30日、臨時記者会見し、都内で酒類を提供する飲食店とカラオケ店に対し、営......

ツイッターのコメント(20)

飲食店いじめ。 |
20万って一日20万じゃなくて一度きりってこと?マジでイッてんな。
@OhitoYoshi_ob こんな状況で開いてる可能性がなぁ…
今日から東京では 酒類出す飲食店で午後10時までの時短営業が始まりますが😰…

ハプのつくバーでは 対応が二分してますね🥺

まぁ 平常朝5時までってところが多いですが🙄

くれぐれも夜の部は 念のため事前に確認してから 伺ってくださいね😁

おはようございます😊
この程度の協力金で支援になると本気で考えてるなら政治力ゼロと断言していいと思う。
都内の飲食店など、時短したら20万円は一晩で人件費や経費で吹っ飛ぶレベル。既に皆困窮してるはず。

 午後10時まで、協力金は20万円
民間企業は政府から鳴らされた警鐘を受けて、DX推進&データドリブンな経営に舵を切れるようもがいとるわけですが
政府が先ずアナログな老害で固められとって辛いな
無策に近い振る舞い

これで飲食店はまた客が激減するやろし、なるべく通って、経済回す一助にならねば。。。
「1日あたりのPCR検査の処理可能件数が8600件にまで増えた!10月までに1万件まで確保したい!!」
仮に10月に463人だったら
463÷1000×100=4.6%
今回の検査が6000件だととして
463÷6000×100=7.7%
小池さん?小池さん?普通に高いんだがw
入店の際に新型コロナ接触確認アプリの画面提示必須にした店舗は除外、とかにしてくれないかなー?外食産業は瀕死状態ですよ。

午後10時まで、協力金は20万円
@Narodovlastiye 「2020年7月31日」「応じた事業者には協力金」「時短営業の要請」「要請期間は8月3~31日」「都は詳細を検討中としたが、関係者によると対象事業者は4万件程度を見込んでおり、予算規模は約80億円」“時短”1カ月分の“協力”費、都知事選“後”は10分の1以下の規模に。
ある豊島区の居酒屋の声。
20万じゃ時短して早仕舞いするかどうか迷う。安すぎ。→結果ケチって感染拡大。→やはり国が国債発行してでも補填する必要があるんではないか。どの自治体も等しく。

都が酒類出す飲食店とカラオケ店に時短営業要請午後10時まで協力金は20万円
東京都にお金がないのはわかる。ただ、飲食店は毎月多額の固定費がかる事も事実。何より従業員の生活が懸かっている。20万円だったらまだ営業した方がいいと思ってしまう。
22時じゃ遅いんじゃね。もう、19時でいいでしょ。夕飯は外で食べるな。
馬鹿無駄無意味。協力しない店選んで大騒ぎしましょう
時短って言っても22時まで
これ意味あるのかなぁ。😥
人の動きを分散させる必要がある中で、店の営業を時短にする意味があまり分からない。
都内の感染判明者数や陽性率の1週間前との比較なども載せました。
@ecoyuri

協力金20万で自粛は割に合わない

もう少し出さないと釣り合わない
陽性者の中の軽症者と無症状者の割合を知りたい。
コロナの猛拡大にコイケが出してきたやっとの対策はこれだ、これっ切りこれっ切りですか♫と山口百恵さんも言う
20万円って正気か?1人あたり20万円ってこと?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR