TOP > 政治・経済 > アベノミクス実感ないまま失速 景気後退18年10月…その後増税:東京新聞 TOKYO Web

アベノミクス実感ないまま失速 景気後退18年10月…その後増税:東京新聞 TOKYO Web

16コメント 2020-07-31 06:13 | 東京新聞キャッシュ

安倍政権下での景気回復は、政府の公式見解より1年4カ月前に終わっていたことが明らかになった。人々の賃金が伸びなかったために恩恵が広がら......

ツイッターのコメント(16)

つまりアベノミクスを振り返ると、

「アベノミクスにより資本家は一層資本を蓄え、労働者が一層搾取される世の中になりました」
ということだった。

ほんとクソな政策。
知ってたʅ(◞‿◟)ʃ

『 Web』
悪夢の民主党政権が続いていたら、恐ろしい事になっていただろう。
国内産業の空洞化放置!
円の独歩高!
失業率悪化!

実感を感じない東京新聞は勉強したら!
@danketsu_rentai
>「労働分配率」は12年度の72%が
>18年度に66%に下がった。

=労働者への分け前を 7% も減らした
(そりゃ、給料は上がりませんって💢)

※ (72 - 66) ÷ 72 = 約7%
だよね。
国民はずーーっと豊かさなんて感じてない。
実感がないは作り物だから。米中景気に助けられ、無理やり株を買い支え、GDP捏造で良いように見せていただけ。日本は推力喪失のグライダー。
庶民に分からないようにそろりとハイパーインフレへ一歩踏み出したインチキ財政ファイナンス政策、文字通りの失敗。

ま、現政権だけでなく歴代自民政権のせいでもあるけども。。。

 景気後退18年10月…その後増税:
さすが経済のアッベw 「安倍政権下での景気回復は、政府の公式見解より1年4カ月前に終わっていたことが明らかになった」「後退局面に入ってから消費税増税に踏み切るちぐはぐな政策運営」
有難う東京新聞。
実感通りの数字ですw
不言実行ならぬ有言実行が平成流だったのだが、財界も政界も見掛け倒しの言うだけ番長だったなw
アベノミクスなんてのは、株価を不正操作しただけのインチキですよ。
アベノミクスなるものは無かった。
>安倍政権下での景気回復は、政府の公式見解より1年4カ月前に終わっていたことが明らかになった。

知ってます。GDPの計算方法も変えましたよね。
最近の役に立たないもの?

1位.アベノミクス
2位.アベノマクス
3位.安倍晋三
4位.自民公明
派遣労働の影響は大きい。昔は一般従業員が潤っていた。今は派遣で人件費を浮かし、それで役員が潤う時代。それを支える労組。今すぐ派遣労働の廃止を。
企業の内部留保は伸びているが実質賃金は下がっている、この状態で増税したのか、など
🖊️安倍政権下での景気回復は
政府の公式見解より1年4カ月前に
終わっていた。
企業はため込み、働く者は苦しく
好景気の実感なく…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR