TOP > 社会 > 首相に問わねばならないこと 論説副主幹・豊田洋一:東京新聞 TOKYO Web

首相に問わねばならないこと 論説副主幹・豊田洋一:東京新聞 TOKYO Web

21コメント 2020-07-31 08:20 | 東京新聞キャッシュ

新型コロナウイルスの感染が再拡大する中、私たち国民は、感染の恐れと日々向き合い、暮らしや仕事、学びがどうなるか、不安な生活を強いられて......

ツイッターのコメント(21)

感染が再拡大しているにもかかわらず、緊急事態宣言をなぜ出さないのか。
GoToキャンペーンを前倒しで始めた判断は誤りではないのか。
PCR検査はなぜ増えないのか。
首相の後方にマスクの役を果たさない料理人よう飛沫防止を着けた馬鹿が写ってるけど?こんな愚かな奴が元総理だったと思うだけで悲しくなります😱
すごいな。国難の時期に国民に何の指示も呼びかけもしない。これがアベシンゾーの説明責任。不登校の中学生を担任や学年主任が家庭訪問するレベル。→『首相は通常国会閉会翌日の6月18日の記者会見以降、会見を開いておらず、国会の閉会中審査にも出席していない』
反省の弁も。

>首相会見でのメディアの追及は手ぬるい、との厳しい批判は謙虚に受け止める。

>同時に、戦前、軍部を厳しく批判した反骨の新聞記者、桐生悠々の「言わねばならないことを言うのは義務の履行」との言葉を思い起こす。
まずは国会開けよ
でんでん!
「 を前倒しで始めた判断は誤りではないのか。感染再拡大のリスクを過小評価してはいるのではないか。感染収束後としていた閣議決定や国会審議と整合性も取れない」。「首相に問わねばならないこと」
いまジャーナリズムが機能しなかったら民主社会が壊れます。
とにかくなりふり構わず安倍政権を終わらせたい東京新聞
「戦前、軍部を厳しく批判した反骨の新聞記者、桐生悠々・・」とか関係ないでしょうに

これを読む無垢な読者は騙されるでしょうね
こちらは立派。

もう一人の「言わねばならぬ」氏は、自分の利益のために忖度して言っておかねばならぬと情けない。

危機はマスコミ人を選り分ける。
> 首相は直ちに記者会見を開くか臨時国会の召集に応じ、こうした問い掛けに誠実に、そして自らの言葉で語るべきだ。国民への説明責任から逃げることなど許されない重大局面である。

紙面で言うんじゃなくてちゃんと直接安倍さんに対して言うべき。
総理番を若手に任せるなよ
首相は表に出て隅から隅迄説明し自分の責任を明確化にしながら国民に話すべきだ‼️
『…反骨の新聞記者、桐生悠々の「言わねばならないことを言うのは義務の履行」との言葉を思い起こす。首相に今「問わねばならないこと」を国民に代わり問うことは、私たちメディアの義務であり責任だ』(本文より)
その通りである。
新コロナの影響ですべての民が苦労する際、または死亡するのにも関わらず一番責任持つ人が隠れて民意を無視している。。。
安倍首相はもう、コロナ対策はギブアップ?
国民を見捨て、逃げているだけではありませんか!
即刻、義務を果たせ‼️
早く辞めてほしい、これが多くの国民の声です!
今朝の東京新聞一面。なぜ総理会見が開かれないのか。説明責任を果たしていきたいと度々口にするが、その責任感のなさになぜマスコミは追及しないのか。全てのテレビ、新聞で共同声明を出す必要があるとぼくは思う。
(1)感染が再拡大しているにもかかわらず、緊急事態宣言をなぜ出さないのか。感染者が増大して医療崩壊が起きれば、経済にも悪影響が出る。感染拡大防止を優先し、業者への休業要請と損失補償をセットで行うべきではないのか。
「首相は直ちに記者会見を開くか臨時国会の召集に応じ、こうした問い掛けに誠実に、そして自らの言葉で語るべきだ。国民への説明責任から逃げることなど許されない重大局面である」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR