TOP > 政治・経済 > 米議会公聴会で「GAFA」の独占禁止法問題を調査 4社トップそろっての証言は初:東京新聞 TOKYO Web

米議会公聴会で「GAFA」の独占禁止法問題を調査 4社トップそろっての証言は初:東京新聞 TOKYO Web

12コメント 2020-07-30 13:04 | 東京新聞キャッシュ

【ワシントン=白石亘】米議会は29日、グーグルなど「GAFA」と呼ばれる巨大IT企業の経営トップが証言する公聴会を開いた。健全な競争を......

ツイッターのコメント(12)

米議会公聴会で「#GAFA」の #独占禁止法 問題を調査 4社トップそろっての証言は初:

「公聴会で下院反トラスト小委員会のシシリン委員長は「彼らは力が強すぎる。経済だけでなく、民主主義にも大きな影響を与える」と懸念」
これも追加。最新動向。
「彼らは力が強すぎる。経済だけでなく、民主主義にも大きな影響を与える」
まだだ、まだ終わってない
「アメリカ政府とGAFAは中国と違って政府と結びついてませんよ」って“アピール”してるようにしか見えない。
・GAFAの公聴会。20年7月29日米下院司法委員会。98年にはマイクロソフトのビルゲイツが出席。時価総額520兆円。
ビデオ会議でこの4人の顔が並ぶのエグいな…!
このうちの一人くらいは、画像は3Dモデリングで、応答も自社開発AIで対応してほしいよな
この4社もさることながら、AppleでもAmazonでもないA社も反トラスト法に抵触するんじゃないかと。 >>
このリモート会議はパンチあり過ぎるだろ笑
関連 議会でグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの独占禁止法問題を調査 
4社トップそろって証言、結局なにも出ず
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR