TOP > 政治・経済 > トラブルにミス続出、需要もない…それでも「適合」再処理工場:東京新聞 TOKYO Web

トラブルにミス続出、需要もない…それでも「適合」再処理工場:東京新聞 TOKYO Web

23コメント 2020-07-30 06:36 | 東京新聞キャッシュ

◆青森・六ケ所村の再処理工場が新規制基準に適合 原発の使用済み核燃料の再処理工場(青森県六ケ所村)が新規制基準に適合し、稼働への条件を......

ツイッターのコメント(23)

🌹~次回の私の勝手な私の為の【私の NO NukeS!】な日は8月14日(金) を予定!? 関電大阪本店南側裏門のハズレ<約19:00~20:00>私を其処に置く!反核反戦!~踊ル!
Y口県に作ればいいのに。
完成検査の時点でヒビ入ってんだよ〜♨︎
さっさど事故ってまだ止まればいいな♨︎
プルトニウム余ってらはずなのさ何するんだべなぁ?♨︎?
実は輸出しまぐって無ぐなったのがなぁ?♨︎?
「再処理工場は、使い道のないプルトニウムが生み出される矛盾に満ちた施設」

ミスや虚偽報告続出しながら、
このような計画が継続されることには、

「何らかの意味」があると考えざるを得ない。
なんでやねん💢
これすごいな。もう日本がやってることは何もかもデタラメなんか。イランやら北朝鮮やら叩いてる間に日本が着々と地球を放射能汚染しとったてシャレならんな。そのうち国際制裁受けるんちゃうか。

「トラブルにミス続出、需要もない…それでも「適合」再処理工場」
コロナのPCR、原発政策、老害が政治をするから日本の国益が損なわれる愚策ばかり進める。日本が落ちぶれた時には自分たちはこの世にいないからか?💢
高速増殖炉に引き続き、再処理の断念も決断し、核燃料サイクルの破綻を認めないといけない時だ。規制委による安全審査「合格」は、全く不当であり無効だ。これ以上核燃料サイクルに税金や電気料金を注ぎ込むな。
もう、いい加減「やめる」という選択肢を入れてほしい。
再処理工場は、使い道のないプルトニウムが生み出される矛盾に満ちた施設

福島第一原発事故後は世界的に再生可能エネルギーへの転換が進む中で「激変する環境に対応できない日本のエネルギー政策のシンボルだ」
利権をむさぼりたい勢力に迎合した委員。
「技術的能力について、一般の方が非常に心配になられているのは非常によく理解できます」。29日の規制委定例会合で、山中伸介委員は原燃への憂慮を口にした。伴信彦、田中知さとるの両委員も同じだった。
自民党金権政治の行き着く先はこういうところ。アベノマスク問題といいもっと他にやることがあるはず。
こわいな。
原発動かす気満々😨
原発の使用済み核燃料の再処理工場(青森県六ケ所村)が新規制基準に適合し、稼働への条件を一つクリア。が、国民の意見の多くは、運営する日本原燃の資質を疑問視し、規制委の委員らも同調した。
ここでも無理と無駄!:原発に汚染されてるのは規制委か?:
いちど行と決めたら後戻りをしない国の政策、まるで太平洋戦争中の突撃みたいだ、原発
「技術的能力について、一般の方が非常に心配になられているのは非常によく理解できます」
これ、GOTOと同じ構図。
「原子力規制委員会に寄せられた国民の意見の多くは、運営する日本原燃(原燃)の資質を疑問視し、規制委の委員らも同調した。不安が渦巻く中で、再処理工場は核燃料サイクルという目的さえ失っている」〉
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR