TOP > 社会 > お仕事の後がアブナイ 歌舞伎町ホストらの行動に新宿区長が警鐘 コロナ感染拡大で:東京新聞 TOKYO Web

お仕事の後がアブナイ 歌舞伎町ホストらの行動に新宿区長が警鐘 コロナ感染拡大で:東京新聞 TOKYO Web

15コメント 2020-07-18 10:58 | 東京新聞キャッシュ

新型コロナウイルスの感染者が都内でも突出して増えている新宿区の吉住健一区長は、十六日夜に区役所であった歌舞伎町など繁華街で働く人らとの......

ツイッターのコメント(15)

取材しました。

感染実態をふまえた対策が必要だと思います。仕事後に焦点を当てた対策がどのようにできるのか、課題です。
思った通りじゃん、
店だけで感染対策したって仕事後の行動がクソなら意味ないんだって。
だから。何度も言うがホストクラブやキャバクラは生活に必要ないでしょ?別に営業停止等で潰れた所でなんともならないのでは?
あの新宿区長が夜の街関連を感染者増加の責任を押し付けてる!まず先に自分の責任を問うべし!!!
これって、挙げられてる仕事以外の人たちにも完全にブーメランじゃないの?コロナって夜職を選んで感染するの?昼職が遊んだり飲んだりする場所の従業員ってことじゃ?
っつーかやめろよ、そんなくだらねえ仕事。生活がある?他にも仕事なんて腐るほどあんだろーが。
恣意的に検査して、陽性者を見繕って「可能性がある」と言う。
民衆の全員を規制するよりも、風俗やパチンコ、風俗やパチンコよりもクラブや酒場の夜遊び、といった具合に、影響する人の数を徐々に広げてやろうという選別のシナリオがあるんだろう。
東京新聞: コロナ感染拡大で.
アフター無理
別記事で「ホストを差別しないで」ともありましたが、劇場などは自粛要請の前から予定されていた公演を自主的に取り止めて感染防止に協力してきました。
感染の危険が指摘されていながら営業を強行してきた業界が厳しい批判を受けるのは自業自得でしょう
コロナ感染拡大で 東京新聞 "仕事後は緊張から解放されることもあり、朝まで酒を飲んだり、カラオケ…なじみの店が苦しいからと気遣いで回っていると思う。義理人情の習慣を急に変えるのは難しいかもしれないが"
@tokyo_shimbun
>仕事後…、朝まで酒を飲んだり、カラオケをしたりする従業員がいる

>吉住区長
>なじみの店が苦しいからと気遣いで回っていると思う。

>また、ホストクラブの従業員は寮生活の人もいて、感染リスクが単身生活よりも高くなる

ホストクラブの「外」で感染してるんじゃん!
コロナ感染拡大で歌舞伎町ホストらの行動に新宿区長が警鐘:東京新聞 TOKYO Web

見出しが侮蔑的
コロナ感染拡大で歌舞伎町ホストらの行動に新宿区長が警鐘:東京新聞 TOKYO Web
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR