TOP > 政治・経済 > 電通が受注法人の広報を担う 実体の乏しさ裏付け 持続化給付金:東京新聞 TOKYO Web

電通が受注法人の広報を担う 実体の乏しさ裏付け 持続化給付金:東京新聞 TOKYO Web

27コメント 2020-07-07 06:20  東京新聞

国の持続化給付金事業で、広告大手の電通が、国から事業を受注した一般社団法人サービスデザイン推進協議会(サ協)の広報を担っていることが分...

ツイッターのコメント(27)


「昨日METI(経済産業省)とすりあわせ済」とした上で、「防御を固めつつ、反撃の糸口を探している状況」と記されていた。


こういうのだよなあ。
巨悪 電通チームの存在について竹腰氏は「かん口令」を求められたと指摘。平川氏から送られた6月1日のメールには、野党の国会質問などを念頭に「昨日METI(経済産業省)とすりあわせ済」とした上で、「防御を固めつつ、反撃の糸口を探している状況」と記されていた。
なんか往生際が悪いというか、確信犯というか。~
今般の情勢もあり、経産省・持続化給付金に関する疑惑追求は、マスメディアでは暫く休止かな…と気を揉んでいたのですが、七夕の今日は東京新聞が二連記事を出されたのでした。先週の文春の記事を引き取り、電通「リスク広報チーム」の実在と口止めの実態が報道されています。
”(電通出身でサ協理事の平川健司氏から)送られた6月1日のメールには、野党の国会質問などを念頭に「昨日METI(経済産業省)とすりあわせ済」とした上で、「防御を固めつつ、反撃の糸口を探している状況」と記されていた”
メモ)経産省と平川氏が共謀
/ 「国の持続化給付金事業で、広告大手の電通が、国から事業を受注した一般社団法人サービスデザイン推進協議会(サ協)の広報を担っていることが分かった。」
>電通チームの存在について竹腰氏は「かん口令」を求められたと指摘。平川氏から送られた6月1日のメールには、野党の国会質問などを念頭に「昨日METI(経済産業省)とすりあわせ済」とした上で、「防御を固めつつ、反撃の糸口を探している状況」と記されていた。
国家ぐるみの犯罪。だから既得権政治家を支持しない。/
国の持続化給付金事業で、電通が国から事業を受注したサービスデザイン推進協議会の広報を担っていた。サ協は電通に事業の大部分を再委託しており、実体の乏しさを裏付けた。
―電通出身でサ協理事の平川氏:サ協に関する問合せがあった場合「必ず電通リスク広報チームまで連絡を」
―電通チームの存在について箝口令
森大臣も竹腰さんと同じくらいぶっちゃけてくれないかな。
「電通チームの存在は、かん口令を求められた。
 サ協や電通は国民の税金を使う立場。口裏合わせみたいなことをして、逃げ口上のような対応」
:東京新聞 TOKYO Web
「防御を固めつつ、反撃の糸口を探してる」とサ協理事からメールも...

サ協初代代表理事
「サ協や電通は税金を使う立場。口裏合わせをする対応はおかしい」と取材に応じた理由を説明。

電通(゚ω゚)こ、こわー!
≪平川氏から送られた6月1日のメールには、野党の国会質問などを念頭に「昨日METI(経済産業省)とすりあわせ済」とした上で、「防御を固めつつ、反撃の糸口を探している状況」と記されていた≫

経産省と一体で誰にどんな〝反撃〟をしようというのか
「竹腰氏は「サ協や電通は国民の税金を使う立場。口裏合わせみたいなことをして、逃げ口上のような対応をするのはおかしい」と、本紙の取材に応じた理由を説明した。」
「国の持続化給付金事業で、広告大手の電通が、国から事業を受注した一般社団法人サービスデザイン推進協議会(サ協)の広報を担っていることが分かった。サ協の初代代表理事が経営する企業の代表取締役が明らかにした」
【 電通中抜き事業 】

【 サ協 】に実体なし!
「防御を固めつつ反撃の糸口を〜」ってメールが流出してる段階で防御網が穴だらけww
電通内にある「リスク広報チーム」〜
野党の国会質問などを念頭に「昨日METI(経済産業省)とすりあわせ済」〜「防御を固めつつ、反撃の糸口を探している状況」〜

酷いね!
電通広報部は「受注法人、サービスデザイン推進協議会からサポートを求められ、広報サービスを提供している」と回答したそうだ。
受注法人≠電通、と証明してみせろ、電通。
空っぽの事務所の映像もう見てるしな
鶴じゃなくて○ギ?  :
経産省は、電通(関連も)との契約は今後何年か中止して、過去5年分の契約をすべて調査しては?問題なければ大手を振ってやればいいんだし。
ますます実体なき幽霊会社。
持続化給付金の事業を受注した
怪しい協議会。
その広報業務も電通が担ってた。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR