TOP > 社会 > 提案のつもりが政策決定と思われ… コロナ対策専門家会議が陥ったジレンマ:東京新聞 TOKYO Web

提案のつもりが政策決定と思われ… コロナ対策専門家会議が陥ったジレンマ:東京新聞 TOKYO Web

10コメント 2020-06-25 07:46 | 東京新聞キャッシュ

「接触の8割削減や営業自粛といった対策は生活に立ち入る部分だったためか、特に影響が大きかった」。専門家会議座長の脇田隆字(たかじ)・国......

ツイッターのコメント(10)

@KamiMasahiro 無責任極まり無い発言
西浦教授一人の責任では無いが、データを公表せずに独占した罪は思い
→当然では
サイエンス・コミュニケーションのリスクは、3・11の反省として、科学者であれば真剣に考えるべきだった話。今更反省されてもね。科学者は事態が起こった後に「なぜ発生したか」は説明できても、今後発生する可能性の評価は無理。事態対処の意思決定に踏み込むのは危険。
そう思ったんなら、何故に 君にハッキリ言わなかったのだ?
沈黙は服従也 なのだ!
今更何を言っておる!!

がどんだけ頼ってたか分かるだろうに!
もーおそいよー!
頻繁に会見を開いて強調すると露出が高まり、「政策や感染症対策を専門家会議が決めていると受け止められた」と脇田座長は話す
専門家会議が廃止されようと、政府の政策の決定過程は全て公開し、国民に開示してほしい。

新組織について、脇田座長らは「経済や差別など社会問題に詳しい専門家も交えては」と提案した
政府に物を考える力はない
考えない人間を集めてある
騒ぎが広がっている中、
夜はフグで宴会していた

外注、丸投げして良きに計らえ
手柄は自分、責任はお前ら

集まってくる人はたかり目的
ここの人たちもそう
責任のなすり合いで仕事は終わり

実害は、信じた一般人
最終的な政策決定は政府責任のはずなのに、パフォーマンスだけで責任もってる感じがしないからなぁ

その辺りが信頼されない原因なのに政治屋さん達にはそれが分かってない予感
お上が言えば言った側は提案のつもりであっても国民は決定で強制と受け止めるでしょうに。
以上
 

いま話題のニュース

PR