TOP > 政治・経済 > 同性婚を「明確に認めるべきだ」 茨城の大井川知事、明言は初めて:東京新聞 TOKYO Web

同性婚を「明確に認めるべきだ」 茨城の大井川知事、明言は初めて:東京新聞 TOKYO Web

13コメント 2020-06-22 08:17 | 東京新聞キャッシュ

LGBTなど性的少数者のカップルを公認する「パートナーシップ制度」を昨年七月、都道府県で初めて導入した茨城県の大井川和彦知事は今月、共......

ツイッターのコメント(13)

「「行政が踏み出すことで、県民の理解や誤解の解消が進む、いい流れになっている」と強調した。」
大阪の吉村知事といい、都道府県の首長がリーダーシップを発揮されていて素晴らしい。

を「明確に認めるべきだ」
> 大井川氏は「地方から動かないと、なかなか国が動く状況ではない」と、地方でLGBT支援策を広げることで、国での議論が進むことを望むとする意見を述べた。

 茨城の大井川知事、明言は初めて
日本会議の名誉男性「小池百合子」とはエライ違い。
茨城の知事素晴らしい👏👏👏
制度の枠組みで、結婚したい人が結婚できるようにすることにためらう必要はないと思う。
お前コロナのとき、何もしてないくせにホモは応援するのなww
どうせ自民党はやってるアピールだろ
茨城県の唯一の誇りはこの人が知事だと言うことだよ。
愛し合うという事に貴賎はないし、性別も関係ない。人間の最も尊い感情で営為なのだから、何においても尊重されるべき。
大井川さん、貴方は日本の最も偉大な政治家の1人だと心から思うし、応援してます。頑張って!
同性婚が認められますように。
同性婚を「明確に認めるべきだ」 ←「「LGBT問題の行き着く先は、LGBTではない方と同様に扱うことだ」と指摘。同性婚が認められていない現状には「(当事者に)結婚制度で受けられる利益を与えないことを続ける意味はない」」
茨城知事「同性婚容認を」/ 支援制度推進役 国の議論進展期待,東京/共同 6/22

東海第二原発再稼働の住民投票案には,県議会の判断と自身は賛否表明しない。
他方,国で進んでいないパートナーシップ制度に議論を促す発言。
知事は,地元の重要問題から目を逸らすべきではない。
以上
 

いま話題のニュース

PR