TOP > 政治・経済 > 県民投票条例案 あす県議会否決へ 東海第二再稼働 来月、住民団体が検証:東京新聞 TOKYO Web

県民投票条例案 あす県議会否決へ 東海第二再稼働 来月、住民団体が検証:東京新聞 TOKYO Web

10コメント 2020-06-22 07:59 | 東京新聞キャッシュ

県議会は六月定例会最終日の二十三日の本会議で、日本原子力発電東海第二原発(東海村)の再稼働の賛否を問う県民投票条例案を賛成少数で否決す......

ツイッターのコメント(10)

主権者は誰なのか?
ははは!やっぱりね!

何度も書きますが、我々茨城県民が大井川を知事に選んだ時点で東海第二原発再稼働は既定路線です。
直接請求で条例の制定をしようとしても、9割は否決されて成立しない…らしい。
来月、住民団体が検証

県民八万六千七百三人が署名して求めた県民投票は、過半数を占める最大会派のいばらき自民などの反対で実現しない方向だ。
 ↓
民意はどこに
県民投票の結果を反映させるべきではないでしょうか
自分たちの未来を自分たちの声で決めたい。県民のその当然の願いを、ここまで安易に否定してもよいのでしょうか?
県民の声を聞いて欲しい!
条例案は否決される見通しですが、県民投票の会は全県議を対象に賛否の理由を尋ねる記名式アンケートを実施します。
久しぶりに激しい憤りを感じる。

県民八万六千七百三人の署名も
過半数を占めるいばらき自民などの反対で
実現不可。

今、何ができるのだろう。
万に1つの可能性でも、今は、
することを求めます。
以上
 

いま話題のニュース

PR