経産省へ提案翌日に落札 持続化給付金事業の受託法人 公平性疑問視の声も:東京新聞 TOKYO Web

34コメント 2020-06-17 07:47 東京新聞

国の持続化給付金事業の委託先を決める競争入札で、経済産業省は応札した二者が事業内容を提示した翌日、一般社団法人サービスデザイン推進協議...

ツイッターのコメント(34)

デロイトトーマツの入札価格は黒塗り。扱いに差があっても、未だデロイトトーマツの声は聞こえてこない。
談合でしょ?
公平性疑問視の声も

いずれも四月十三日に提案書を提出。ともに二百ページ近くあったが、経産省は双方へのヒアリングもせず、翌十四日にサ協の落札を決めた。
 ↓
癒着ですね。コロナ禍でも血税を食い物に。許しがたい!
政官財談合入札でしか無く入札前に落札事業者と官僚が面会して居た事実を経産相が暴露する始末で此の入札自体が違法性が高い。
これはやってますね
面接時間の不平等もかも
全てに置いて不公平でござ〜ます。
"審査対象の提案書はそれぞれ二百ページ近くあり、わずか一日で優劣を評価するのは困難だという指摘が専門家から出ている"
「信じられんわ、こんな事あるんや‼️」 公平性疑問視の声も
渡部のニュースより
こっちのニュースが問題やわ
無茶苦茶な速度🔥
≫公示前の両者とのやりとりが明らかになっていないことを理由に
≫「具体的な内容を公表しない限り、事業者間の競争条件が等しかったとは言えない」と話す。
こんな不正がまかり通る国でいいのでしょうか?

将来の子どもたちに恥ずかしくないですか?

こんな国に自分の子供を住まわせてやりたいですか?

そして、これを報道する代わりに、

渡部の不倫ばっかり報道するマスコミ。

ほんとにうんざりだ。

まじで、選挙にいこう!
 

 
PR