TOP > 社会 > 犬猫の殺処分「ゼロ」は見せかけ? 実は568匹処分 茨城県の独自基準を愛護団体が批判:東京新聞 TOKYO Web

犬猫の殺処分「ゼロ」は見せかけ? 実は568匹処分 茨城県の独自基準を愛護団体が批判:東京新聞 TOKYO Web

48コメント 2020-05-28 09:06 | 東京新聞キャッシュ

県が、二〇一九年度に県内で殺処分された犬猫は「ゼロ」だったと発表した。担当課は「地道な啓発活動の効果が出た」と胸を張るが、「攻撃性があ......

ツイッターのコメント(48)

568匹も殺処分あったのに、殺処分ゼロって言えるのなに。
殺処分「ゼロ」は見せかけ?

「攻撃性がある」などの理由で「譲渡不適」と判断して殺処分した数は除外されている。「収容中死亡」も含めれば、実際の殺処分数は犬が百四十四匹、猫は四百二十四匹。動物愛護団体は「殺処分の実態が隠れてしまう」と県の姿勢を批判。(鈴木学)
@yamajitoru 見せかけだけの定義
あの大臣の奥さんは愛犬家では?
:東京新聞 TOKYO Web


「しっぽのなかま」代表理事の佐藤陽子さん(77)は「センターに入る犬猫の数が減っているのではなく、センターが引き取っていないだけだ」と手厳しい。
見せかけじゃなくて完全な嘘だろ。
茨城県は犬と猫をたくさん殺していました。
攻撃性がある」などの理由で「譲渡不適」と判断して殺処分した数は除外されている。
ペットを飼うのにチップだけじゃなくDNA登録して無責任な繁殖は飼い主に責任を負わせるべき。

あと、ペットを捨てたり無責任に繁殖させた場合、懲役を課せ。
あーあ。いやになる。
@sayaka23isoyama 茨城県の殺処分についての記事がありました。
よかったらどうぞ。
浸透するアベノ統計術: 茨城県の独自基準を愛護団体が批判:@東京新聞 TOKYO Web
ちなみに見せ掛けの殺処分ゼロ達成は他の自治体でも見かける。神奈川県内も結構あったと思う。
・担当課は「地道な啓発活動の効果が出た」と胸を張るが、「攻撃性がある」などの理由で「譲渡不適」と判断して殺処分した数は除外

対象の定義によって如何とでもなる
だからさぁ・・・無理なんだって・・・
ふるさと納税で〇処分ゼロとか言ってもペット産業が存在する限り去勢費用は半永久的に膨らみ続ける。
もうVRペットAIペットを普及させりゃいいじゃん。
スクリーンやゴーグルで本物クリソツの動物や人間を再現出来るんだし。
ペットを飼う時は『15年くらいペットファーストで生きる』って覚悟で決めて下さい。
めんどくさがりな人とか自分ファーストな人はやめた方がいいです。

#
こういう事例がけっこうありますので、注意!
これは、感染者数の隠蔽と同じ事だな。【 】 #
犬猫の殺処分「ゼロ」は見せかけ? ヒスBBA等が掲げる殺処分ゼロの実態も多分こんな感じだと思うがなぁ。頃してないよ。勝手に市んでるだけ!みたいな('A`)
水戸市の団体がセンターから引き取っていた猫を虐待していた事件(一八年)が発覚したことも踏まえて「センターは収容犬や猫を引き取ってくれるなら、譲渡先はどこでもいいという考えだ。その団体などがどういう活動をしているかは調べていない」
昔に比べればかなり良くなったんだろうけど、まだまだなのかな。
やっぱりな...。

#
やっぱりね💢😠💢
コロナで引き取る人が増えた点は幸い。
譲渡不適の犬猫は処分数に含まれない? 意味が分からないよ茨城県。 :
実数。
殺処分0を目指すのはいいけれど、そこに固執して現実を隠すのは違う。
悪いのは捨ててしまう元飼い主だけどさ。嘘はよくないよ。
人間の事情どうこうはわからないけど、とにかく物言えぬ動物が悲しい思いをするのは嫌です。
実に日本的なお役所の隠蔽工作。
「攻撃性がある」などの理由で「譲渡不適」と判断して殺処分した数は除外。「収容中死亡」も含めれば、実際の殺処分数は犬が140頭
ゼロが一人歩きするとこうなります
@es1CbRtFeD9TZ2L

実質殺処分してます。茨城県の掲げる殺処分ゼロの実態は動物福祉の観点から言っても到底納得できるものではありません。
神奈川県も同じ
黒石知事も殺処分ゼロを自慢しているが実際は
県行政は何もしてない
全て民間団体に丸投げ
因って悪質な団体に引き取られ
結局不運な運命の犬猫
こういう報道と、それに反応する世論は非常に大事ですね。
自治体は中身はどうでも「殺処分ゼロ」と言いたくなるのは当然なので、ごまかせないのだと示さなくては。
だから殺したいだけの行政は信用できない!!!!・・・
「攻撃性がある」などの理由で譲渡不能と判断して処分した分は除いていた。
それにしても568を0と言うのは……
ホンマかいな??
茨城県 犬猫の殺処分「ゼロれは見せかけ?

酷い実態です。
日本も隠蔽体質じゃないか⁉️記事:
アベノクソマスク晋三一派大井川和彦だな
集計方法を変えて殺処分ゼロに見せかける。アベノクソマスク晋三一派の常套手段
因みに
東京も見せかけです。
仕事をやっているように見せかけることのみに長けるクソ小役人がいなくならない限りは、こういう問題は消えんよなあ……。/
愛護団体「実態隠れる」県の姿勢批判


『だが、「譲渡適性あり」の犬猫の殺処分「ゼロ」が独り歩きすれば、それ以外に分類された犬猫の殺処分が続いている実態などを覆い隠すのではないか。』
3区分か🧐


≪「攻撃性がある」などの理由で「譲渡不適」と判断して殺処分した数は除外されている。「収容中死亡」も含めれば、実際の殺処分数は犬が144匹、猫は424匹。動物愛護団体は「殺処分の実態が隠れてしまう」と県の姿勢を批判する≫
愛護団体「実態隠れる」県の姿勢批判:東京新聞 TOKYO Web #
日本は情報を秘匿にしすぎ
正確な情報がないと検証も判断もできない
情報はできるだけ可視化すべき
都合の良い情報の垂れ流しは罪
胸の痛い話ですが、結局、動物愛護団体は「譲渡不適」の犬猫をどうしたいの? 譲渡会は適正犬猫だけを対象にしてるから運営できてるんじゃないですか? 県の発表を批判してるだけなんでしょうか。
⚠️偏向新聞が稀にまともな記事を書く。
愛護団体「実態隠れる」県の姿勢批判:東京新聞 TOKYO Web
以上
 

いま話題のニュース

PR