多摩地域の井戸PFAS汚染 血中濃度を調べる検査始まる 汚染源の特定へ、米軍横田基地との関連は?:東京新聞 TOKYO Web

18コメント 2022-11-24 06:20|東京新聞

東京都多摩地域の水道水に使われていた井戸水から発がん性が疑われる有機フッ素化合物(PFAS)が検出された問題で、同地域の...

ツイッターのコメント(18)

マジで水道水なんて飲めたもんじゃない!学校も幼稚園も水筒持参ですからね!コロ氏だわ。
ホントに国分寺、府中だけなのか?
映画ダーク・ウォーターが真っ先に思い出される。あの弁護士の人がいなければ、人工的に合成してこの世に作り出された化学物質が、なんの規制も危険性の周知もされない世の中だったかもしれない。
白井氏:小金井市、国分寺など3つの浄水場から基準を上回る有機フッ素化合物(PFAS)が検出されている。
米軍の火災訓練で使う泡消化剤に含まれていたPFASが地中に染み込み地下水となった。
本来基準が上回った時点で行政が報告する必要があるのにアナウンスせず。
水道水は本当に安全なのでしょうか。
飲用として安心安全なのでしょうか。
“発がん性が疑われる有機フッ素化合物(PFAS)が検出された問題で、同地域の住民を対象に血中のPFAS濃度を調べる血液検査が23日、国分寺市内で始まった”
汚染源の特定へ、米軍横田基地との関連は?
東京新聞
——住民を対象に血中のPFAS濃度を調べる血液検査が23日、国分寺市内で始まった。検査を実施する市民団体「多摩地域のPFAS汚染を明らかにする会」は同日、立川市で
全国で動き始めてる。
分解しないことが、
どんなに怖いことなのか。
基地の周辺ということも
不気味だ。
住民の検査を実施する市民団体「多摩地域のPFAS汚染を明らかにする会」は、希望者が多く、当初の300人を600人に増やして対応。本来、行政がやるべき検査ではないか。

 汚染源の特定へ、米軍横田基地との関連は?
多摩地域の水道水に使われていた井戸水から発がん性が疑われるPFASが検出された問題で住民を対象に血中のPFAS濃度を調べる血液検査が国分寺市内で始まった。
汚染源の特定へ、米軍横田基地との関連は?:東京新聞 TOKYO Web
#PFOS #PFOA #NoPFAS
市民団体による独自調査です。
米軍横田基地との関連は?
「健診でもこんなにいっぺんに来ることはなく驚いた。みんな自分事としてこの問題を捉えている」
「本来ならもっと多数の疫学的調査が必要」
「行政の大規模検査へつながることを期待」
国分寺と府中、国立の3市の一部浄水所の井戸から高濃度のPFASが検出されたため、都は2019年に取水を停止。20年には、NPO法人が国分寺・府中両市の22人を対象に血液検査を実施し、全国平均よりも高いPFASが含まれていた。米軍横田基地との関連も取り沙汰されている。
「健康診断でもこんなに人がいっぺんに来ることはないので驚いた。それだけみんな自分事として、この問題を捉えているということだ」と杉井院長
国分寺と府中、国立の3市の一部浄水所の井戸から高濃度のPFASが検出されたため、都は2019年に取水を停止。
希望者の多くは本町クリニックのかかりつけの患者で、本紙報道で検査を知った人も多かったという。「本来ならばもっと多くの数で疫学的調査をしなければならない」
汚染源の特定へ、米軍横田基地との関連は?:東京 多摩地域の水道水に使われていた井戸水から発がん性が疑われる有機フッ素化合物(PFAS)が検出された問題で、同地域の住民を対象に血中のPFAS濃度を調べる血液検査が…
血中濃度を調べる検査始まる:東京新聞 TOKYO Web
以上
 
PR
PR