「国葬 考える機会に」 安倍政権を検証する映画上映 あすから横浜で:東京新聞 TOKYO Web

14コメント 2022-09-23 08:07|東京新聞

安倍晋三元首相の政権を検証する映画「2887」が二十四日から横浜シネマリン(横浜市中区)で上映される。二十七日に予定され...

ツイッターのコメント(14)

これは、みたいが…。
こんな映画ができてたんだね〜
ちょうど休みだし横浜シネマリン行ってみようかなどうしようかな🤔
安倍政権を検証する映画「2887」が24日から横浜シネマリンで上映される。安倍元首相の国葬に合わせて企画。支配人は「国葬にふさわしい人物なのか一人一人が考える機会にしてほしい」と来場を呼び掛け
安倍晋三元首相の政権を検証する映画「2887」が二十四日から横浜シネマリン(横浜市中区)で上映される。二十七日に予定されている安倍元首相の国葬に合わせて企画された。
岸田が説明する「憲政史上最長」や「海外からの弔意」「外交での成果」は「国葬」の理由にならない。
何より、安倍晋三の人格が国葬に値しないと思う国民が多い。
強行採決、閣議決定、官僚を潰した最低の宰相だよ。
ロシア外交白紙、拉致被害者救済もできない無能宰相
関西上映を待つ
8年8ヶ月にも及ぶ安倍晋三政権が何をやったのか!?「国葬」に値するのか?
映画は時の政権のプロパガンダ装置としてやってきた歴史があるのだから、政治的シュプレヒコールくらいあげてもいいがな。むしろ少なすぎ。
より
さて。久々に横浜遠征と参りますかね。
東京新聞の神奈川版に横浜シネマリン上映の記事が掲載されました。
(ニュース)< - 東京新聞>2022年09月23日 07時13分
以上
 
PR
PR