原資は「4日分」…24年ぶり円買い介入も持続には限界 市場次第で円安再来:東京新聞 TOKYO Web

68コメント 2022-09-23 06:26|東京新聞

 日銀が大規模な金融緩和政策を堅持する中、米国をはじめとする主要国はそろって利上げにかじを切っている。22日にはスイス...

ツイッターのコメント(68)

54兆円も1日に介入するとでも思ってるのかよ…
介入の規模に限界もある。ドルを売る介入は、日本政府の持つ外貨準備を原資とし、その残高は約200兆円。一方、日本の外国為替市場の取引高は1日あたり約54兆円に上り、原資は4日間分に満たない。
この新聞社ヤバい
外貨準備高が表記が「円」
1日の取引量が54兆円だから介入原資4日分
中学の校内新聞レベルで新聞社名乗れるんか・・・

原資は「4日分」…24年ぶり円買い介入も持続には限界:東京新聞
パヨ新聞はやはり経済音痴w
1日の介入に50兆も使えるかw
取引成立しないだろ!
ということで、あと3回?2回?
どっちかな
この理論でいくと日銀保有のETFを市場で売っても売買代金の○日分になってしまうのだが....
>外貨準備を原資とし(略)約200兆円。(略)外国為替市場の取引高は1日あたり約54兆円に上り、原資は4日間分に満たない。
原資は「4日分」 東京新聞
日経と東京新聞の嘘記事がひどすぎ。為替市場の一日の取引を日本の外貨準備高で単純に割るのは悪意報道の証拠。日本がユーロ元ポンドすべての通貨の介入をしてるの?小学生かよ
原資「枯渇」とみられれば再び円安危機も

もう結構戻ってきてる
こんなアホなこと書く人が海外記者でやっていけてるのすごい。というかわざとこういうの書いてるの?
時間稼ぎで上等だ。財務省にどれだけの手駒があるかお手並み拝見といきたい。4日分の外貨準備以外にもドル資産はあるだろう。米との根くらべに勝てるかの山場が今後も続く。

原資は「4日分」…24年ぶり円買い介入も持続には限界:
確かにそのリスクは十分にある
異常な金融緩和をダラダラ続けて虚構を作ってきたツケが来たんだろうな
東京新聞の為替介入の余力記事、まさかと思ってたのに、本当だった☺️

円安誘導はドル使うから限界があるのは確かなんだけど、どうしてこんな計算したんだろ?☺️
数兆円使ったとも言われる為替介入も既に3円も巻き戻し145円→140円→143円、中途半端に介入すれば棄てたも同然、トレーダーに食われて終わる❗
根本的な政策が無ければ何度やっても同じで何の効果も無い❗
円安にするだけなら札を刷るだけでいいけど円高にするには買い支えないとダメですからね、緩和しながら円高にするってのがそもそもおかしいわけでw
為替介入って市場圧力全部抑えるんじゃないし
介入あるかもって思わせるだけでも一定の効果があるから4日分しかないって記事書く記者やばいな
これはもうあかんのでは…zen4とraptorは諦めるか🧐
外貨準備高200兆円分か。
円買うより、ドルで定期預金でもしたらと思うのは、あまりに素人感覚かな。
財務省:
令和4年8月末における我が国の外貨準備高は、1,292,072百万ドルとなり、令和4年7月末と比べ、30,962百万ドル減少した。


外貨準備高はドル表示の方が分かり易いのは私だけかしら…
ドルはまた円に対して上昇して来てますね。単独介入の様ですし、ファンダメンタルが変わってないので、流れは変わらなさそうです。
日本の外国為替市場の取引高の「4日分」らしい。約200兆円分。まぎらわしい書き方。>>
円買いは限界があるからね
原資が尽きたらおしまい
「現象」は捉えているかと。
通貨信用が保たれてる通貨(国債でも)の場合、金利高いもの、と低いものの将来価値どうなるか?を説明せんと。
債権、株、通貨市場のメカニズムを
東京新聞の経済担当記者は日米通貨スワップ協定の存在を知らないらしい。
スワップ協定のお陰で介入資金は無尽蔵
ガバガバ国際経済解説
東京新聞の面目躍如
SNSでよくあるわざと間違ったこと書いて話題にするやつ!
え?素で書いてるって?


◆原資「枯渇」とみられれば再び円安危機も
原資は4日分て一人相撲売買かよ!するわけねーだろwww
片方にしかせんのだから言うならせめて8日分だし
東京新聞は国とか政府を馬鹿にしたくて書くことが虚構新聞になってる
ソースが東京新聞でそっ閉じ
●円高方向に持って行く目的ではなく、米国の事情が変わるまでの時間を稼ぐ効果を狙ったものだろう」と指摘

インフレと資産減すごいから事情変わるまで時間かかるが?
アベノミクスの末路だ。金利も上げられず、断末魔の叫びのようだ。
この時に日本のドルの大半を売りに出して、円買いを続けたら。輸入も米から東南アジア、オーストラリアにシフトすれば米の政策も変わるのでは。
バカノミクスの末路。
まあ、ドル高で給与上がらず物価のみ上昇してるのはサービス業や配送業、下請けの製造業を蔑ろにしてきたツケだよなぁ・・・
原資が4日分ってバカじゃん。過去の日銀の為替介入で1日にどれくらいの金額が費やされたかを調べれば4日分なんて言葉は出てこない。ホント日本潰しに余念がないね。東京新聞は。
対外価値が下降傾向の通貨を買うのに、主要通貨&市場価値が上昇傾向にあるドルを売っているという、素人から考えるととんでもない資産運用をしているわけで…。 →
太平洋戦争みたいですね。弾が無い😢
緊縮やめてまともな経済政策やって国力を成長させ日本円を強くするべきだ
利上げに耐えられるだけの富を労働者に還元する賃上げなど日本では現実的ではないし利上げなんぞ不可能だろう。利上げしたところでスタグフレーションだ。
「ドルを売る介入は、日本政府の持つ外貨準備を原資とし、残高は約200兆円。日本の外国為替市場の取引高は1日あたり約54兆円に上り、原資は4日間分に満たず」

【 市場次第で円安再来】2022/9/23:東京新聞
原資4日分てなんの意味がある数字なんだ…
東京新聞は政府批判できれば何でもいいのかもしれないが意味のない数字で社会不安煽るのはテロみたいなものかと😩
先の戦争みたいだ。
「その残高は約200兆円。一方、日本の外国為替市場の取引高は1日あたり約54兆円に上り、原資は4日間分に満たない」

為替介入1回に丸々1日分の取引高が必要な訳がない。
何かの意図を感じるミスリーディングな見出し。
結局、ただの利確になってて草。財務省は儲かったのかもしれんが、日本国民には意味が無かった( 'ω')
【悲報】昨日と同レベルの為替介入はあと3回しかできない

回復させてもそのうち戻る展開になるだけかな❓️
経済が強い日本を世界にアピールしないと根本的な問題解決にはならない
株操作のように単純には行かない
【自公政権の経済政策では無理ゲー】
ドルを売る介入は、日本政府の持つ外貨準備を原資とし、その残高は約200兆円。一方、日本の外国為替市場の取引高は1日あたり約54兆円に上り、原資は4日間分に満たない。
4日分くらいしかないと・・・ まさに焼け石に水。逆に損するだけだ。
※為替介入も一時しのぎか批判をかわす程度のものでしかない。
マジで自分が米ドルMMF買うまでは、死んでも介入し続け、円高支えろよな。
根性出して、絶対140円切れよ!
根本問題は金利差と日本買い材料の無さ。ドーピングだけでは治らない。逆にドル買いの絶好の機会を与えただけ。140円なんて一瞬だったな。
市場の肥やしにもならん!
しかも単独!(´・ω・`)
さすがトンキョン新聞記者
アホだわさw
一日に50兆為替介入したら米国債や為替市場が壊れるわ。
少し考えれば1日の介入費用がこんなにかかるわけないと分かるのに、記事書いた人間も悲観している人間もアホすぎるやろ…
日本政府の外貨準備は200兆円。原資は4日間分に満たない。介入原資が尽きたと市場が判断すれば、米国が利上げを続ける中でかえって円が売られる。金利差を背景に円安ドル高の構造は変わらない。アベノミクスに出口はない
70円代の頃に買ったドルを売ってるらしいから
安く買って高く売る・・貯蓄から投資への見本😅
4日分って政府石油備蓄より少ないな
連休明けには剥離するからFXの人はガマン時
⇒手持ちのドルを売ろうにも4日分しか在庫がない。これじゃあね。かって円は強かったが、ここ十数年で驚くほど価値が下がった。「日本スゴイ」とか浮世離れな事言って現実逃避せず、数年前からもっと早く対処していれば・・。
これはこの4日耐えるからその間に払える奴は輸入してくれってやつだろ
時間つなぎの円売りか。
22日午後3時半に始まった日銀の黒田東彦総裁の会見。「当面金利を引き上げることはない」など為替に配慮しない発言が続くと、円安は24年ぶりの水準をじわりと更新した。
ドルを売る介入は、日本政府の持つ外貨準備を原資とし、その残高は約200兆円。一方、日本の外国為替市場の取引高は1日あたり約54兆円に上り、原資は4日間分に満たない。
9月22日の黒田日銀総裁の発言は他人事みたい?
4日分かあ…。焼石に水ですね。
さんを庇い続ける東京新聞。

素晴らしい記事。介入資金を外貨準備高を1日の出来高で割って算出している。

こんな記事を出せる東京新聞のシステムは崩壊してますね。
戻っちゃうだろうな。。。
円を売り浴びせる、どこぞの通貨危機の再来…今そういう事をやってる場合ではない筈なのだけど…
「一時は1ドル=145円まで円安が進み、日本政府が為替介入を実施、ドルを売って円を買った。しかし原資は4日間分に満たない。
 日本政府の介入原資が尽きたと市場が判断すれば、かえって円が売られる可能性も。円安がさらに進めば、日本の家計はさらに苦しくなりかねない」
井野氏は「市場介入は持続的に円高方向に持って行く目的ではなく、米国の事情が変わるまでの時間を稼ぐ効果を狙ったものだろう」と指摘
政府は円安につながる日銀の緩和策を容認する一方、24年ぶりの円買い介入に踏み切りました。ただ市場介入は、ドル高の流れが落ち着くまでの「時間稼ぎ」の側面が強いです。
以上
 
PR
PR