「最低でも県外」撤回、「鳩山さん責める話ではない」元名護市長が嘆く構図<沖縄は復帰したのか~50年の現在地>:東京新聞 TOKYO Web

17コメント 2022-05-07 06:49|東京新聞

ツイッターのコメント(17)

読んでみたら、何の準備もしてないのに選挙で掲げて政権交代を果たした鳩山由紀夫は責めず、移設先候補の住民、官僚、米国を責める歪んだ記事だった
「最低でも県外」撤回「鳩山氏責める話ではない」元名護市長が嘆く構図<沖縄は復帰したのか~50年の現在地>
再検討指示された外務省や防衛省は辺野古移設は日米合意事項と取り合わず官僚の壁
米国から「日本の国内問題」と突き放し
吉田茂から官僚属国化
東京新聞
そもそもマニフェストには無かったのだ。



東京新聞は<沖縄は復帰したのか~50年の現在地>とする連載の中で、元名護市長の稲嶺進は沖縄基地問題に対して「鳩山(由紀夫)さんを責めるという話では無い」と嘆いてるとする記事を掲載した。
記事に官僚が取り合わないって書かれてるけど財務省の問題と似てるんじゃないの?
“政府が戦後ずっと沖縄に基地を押し付け、国民全体がそれを黙認している” 誰も否定できない、そうだよなあという話。
検討しただけでも立派だった。
急ぎ過ぎたし、有権者も未熟だったのだと思う。
オレは責めるぞ :
鳩山元首相の沖縄県外移設の姿勢は政治家として果敢に示したものであった。結果として実現できなかったのは難しい課題であったためだが、ただし、こうした課題に向き合った点は評価すべき点でもあった。沖縄に平和を取り戻すには並々ならぬ国民全体の努力が不可欠だ。
「最低でも県外」撤回、「鳩山さん責める話ではない」元名護市長が嘆く構図<沖縄は復帰したのか~50年の現在地> 現時点で中国が攻めて来ている。ウクライナになりたいのか?
「鳩山さんを責めるという話ではない。政府が戦後ずっと沖縄に基地を押し付け、国民全体がそれを黙認している」
2010年5月4日、民主党政権の首相の鳩山由紀夫は就任後初めて沖縄入りし、知事の仲井真弘多との会談で、米軍普天間飛行場の県外移設方針の撤回を表明
最重要係争地だから基地はいる。
自衛隊ならいいんだな?
そもそも戦争犯罪や人権侵害で奪ったものを放置し続けていることがおかしい
更に本土の基地を押し付けてきた
これで辺野古やら何やらを口にすること自体狂っている
国会議事堂や自民党本部を辺野古に移設すればいい
それでも辺野古ならある意味認める
鳩山さんは外務省に嵌められた
「最低でも県外」撤回、「鳩山さん責める話ではない」元名護市長が嘆く構図<沖縄は復帰したのか~50年の現在地>
「最低でも県外」撤回:東京新聞
「最低でも県外」だけが注目されたが
「最低でも県外の移設に皆さん方がお気持ちを一つにされておられるならば、その方向に向けて積極的に行動を起こさなければならない」
「最低でも」はなにに掛かるのか、あいまい、持って回った言い方
以上
 
PR
PR