19歳「特定少年」報道の多くが実名 少年法改正で解禁、更生妨げる不安拭えず:東京新聞 TOKYO Web

15コメント 2022-04-09 06:59 東京新聞

ツイッターのコメント(15)

実名報道で良いとは思いませんが、こういうのも全国紙等にはまず出ないです。
例えば、将来有望な少年少女が何らかの形で事件に手を染めてしまったとしよう。そうした時に多分政治家は義務教育や子育てのことを言う。それは問題によるデメリットを国民に提示しないから。言わなければ嘘を言ったことにはならない。
ああいう輩は更生なんてさせなくていい。実名はどんどん晒すべきね。
犯罪に成功も失敗も境遇も関係ない。
更生妨げる不安拭えず?笑止。
エセ・インテリがまたマスターベーションで「僕たちが人権を守る」なんて、言ってるわけね。もはや犯罪幇助。
日本の犯罪者更生は成功しない。未成年加害者を甘やかさなくていい、加害者よりも被害者のケア遵守が必要。
年齢に関係なく実名報道に反対する。無罪推定の原則に反するし、実名報道で被った被害は裁判で無罪判決が確定しても回復できない。実名報道に何の意味がある。スウェーデンは匿名報道が原則だし、韓国では姓に「さん」をつけて報道する。同じ姓の多い韓国では匿名に近い。
・実名報道の解禁   加害者個人や加害者家族に対する誹謗中傷も「公益性」の名のもとに解禁される
どうせあのガキは死刑になるんだからどうでもいいだろ
うちで確認した限りでは、読売、朝日、毎日、日経が実名、産経と日刊スポーツが実名+顔写真、東京が匿名 →
更生妨げる不安 <<<<< 過保護の少年たちによる凶悪犯罪の不安

以上
毎日を除き全国紙は実名報道。根拠は「総合的判断」。更生保護に携わるものとして、いささか心配。多くの人は「だったら人殺しなんかするな。被害者の気持ちを考えろ」と言うが。
殺人などの罪で起訴された甲府市の19歳の男を実名で報道するか、匿名で報道するか、各社分かれました。中日新聞/東京新聞は匿名で報道しています。その理由について説明しています。

 少年法改正で解禁、更生妨げる不安拭えず:TOKYO Web
少年法改正で解禁、更生妨げる不安拭えず

元少年院長の八田次郎さん
「実名報道は報復感情を満たすだけで、社会にとってプラスの要素は一つもない。『少年加害者は許すな』の大合唱だが、少年犯罪は減り続けている…」

東京新聞
逮捕時に氏名や写真がネットに書き込まれ、激しい誹謗中傷にあった。 ←事実なら誹謗中傷ではない。「自業自得と世間は思うだろうが、罪を犯した少年もいずれ社会に戻らなくてはいけない」 ←だから、なぜ、加害少年のことを案じなくてはならない? 被害者救済はどこへ?
以上
 
PR
PR