「生きる意味見えず、死にたかった」 代々木・焼き肉店立てこもり…監禁容疑で逮捕の28歳男、京王線事件に触発か:東京新聞 TOKYO Web

71コメント 2022-01-09 22:16|東京新聞

ツイッターのコメント(71)

(2022年1月9日 )

こんな事件もあったんだな
事件起こす前に助けられたかどうか。多分、どういう手段があっても助けられなかったのではないか。助けられる側にも、最低限の知恵がいるんだよ| 代々木・焼き肉店立てこもり…監禁容疑で逮捕の28歳男、京王線事件に触発か
アライさんだったのか...
消えたアライさん達のうちの一人だったのかな...
「捕まる前に焼肉を食べたかった」との供述に世知辛い世の中を見る
破壊情動…破滅情動。
駆られる気持ちも場面よりけりで
分かり身やけど…

とりあえず人をアヤメなくて良かったな。

まだまだ人生やり直せる❗️

当人に伝えたいね。

困ったら大阪こいと。
ほんとうに全部の内容がかなしい
もしかしたら自分もそうなりえたのかもしれない
背中がまるまって、
内側にぎゅうっと締め付けられる
こういう世の中の歪な部分が見えるような事件は、もやもやする。
なんとか彼に救済を。
28にもなって……という気持ちと、まだ28なのに……という気持ちが頭の中で残念感のモザイクと化す ('A`)
牛を…食うな‼︎‼︎
牛を食うなど…残酷‼︎‼︎
貧乏人が牛を…食うな‼︎‼︎
生きる意味なんてなくても生きていたって良いんだよ。
若さゆえもあるかもだけど、若者がこういう理由で道を外れるのは心が痛い。
新宿中央公園から南新宿のあたり通ってきたのだろうなと考えたら痛切である
こういった事件の容疑者に対する社会支援って難しくて、法律的には重犯罪じゃないとほぼ野放し状態なのが現実
男はすぐに孤独になっちまう
結局、誰も傷つけなくてよかった。。。
結局最後食べれたんやろうか?
もはやマッチ売りの少女の周りを通り過ぎる舞台装置としての社会になっている感。
うーーーん
まあねー
ぶっちゃけ田舎から出てくる時って

「東京出てくれば何かが変わる」

みたく思っちゃうのよねー
東京を過大評価しちゃうのよ
でもねー
都合良くは変わんないのよ

辛いけどそれが現実なのよね
貧困がもう他人事ではなく明日は我が身の状態。私もそれは常に思う。やった事は犯罪だが、死ぬためにその前に犯罪を起こすパターン増え杉
介護従事者としては考えさせられる事件。こうなる前に
なにか手立てはなかったの?相談できる機会や場所はって。
警察に捕まったくらいじゃ人生なんて終わらない。ただ背負うものが増えるだけ。しかし考えさせられるなぁ
28歳。
容疑者とみられる男と隣で暮らしたホームレスの男性(78)に「自分の祖父に似ている」と話し、男性に親しみを感じていたようだった。

、、辛い。
生きることに特に意味なんぞある?見出そうなんて思わんよ、大概。
あるにしても適当なこじつけでしょうよ、大概。
ビル放火自殺や電車飛び込み
今後もういう事件は着実に増加
ケアは追いつかない
巻き添え被害を避けるべく安楽死施設が必要なのかもしれない

安楽死施設
という建て前で
実は一万年と二千年後にコールドスリープから目覚めるSFファンタジーに突入🧊🍖( '-' 🍖 )🚀✩🤖🔧
裏に貧困問題があったんか…
新宿のホームレスのおじさんて、私が知ってる人じゃなかろうか…

最後に腹いっぱい、美味しいものを食べたいって基本的欲求よなぁ。
なんだか切ない事件だなぁ…
刑務所の中よりつらい場所が、刑務所の外にあってはいけないんだよ……
これは社会の敗北じゃないのかなあ。Z世代の意見が気になる。
路上生活をしてた28歳の男が「捕まる前に焼き肉が食べたかった」と立てこもった話、ちょっとクるものがある

代々木・焼き肉店立てこもり…監禁容疑で逮捕の28歳男、京王線事件に触発か
私も自暴自棄になって生きる意味を見出せず、自分で死ぬ勇気もない不甲斐無さに押し潰されそうになってた時期があった。
「みんな大変なんだ」って言うのは簡単。でも本当に大変な人辛い人って声すら上げられない。
その声なき声を拾い上げられる社会って作れないのかな。
悲しきニュース。
生きる意味を失う人は多いと思う。そんなときに、思い出してほしい言葉は「生きてるだけで丸儲け」自分の人生を、無理に悲観しない方がいいと思う
感じやすいからこういうの病んで来るし下を見て自分が恵まれていると思いたくない 上だけを見て自分が1番下でいたい
この店長が焼肉弁当差し入れてあげたら容疑者も少しは慰められるかな、それくらいではダメかなあ、、、悲しいな。
「擁護するのか」と怒られるだろうが、どうにも、つらい。自分だってこうなっていたかもしれないし、未来の自分かもしれない。捕まる前に肉が食べたかった、と。所持金がない日々が続くあのつらさ。寒かったろう。「つらくてもこんな馬鹿しない人のほうが(続
悲しいニュース。若者が生きる意味を見出せない、食う寝るにすら困っているのが日本の現実。政治の責任、大人が作った教育と社会が原因。今日からでも改革していかなきゃ、未来は変わらない。
心が痛いな
迷惑かけまくりで一切肯定はできないけども、この人が自死を選ばなくてよかった。本当によかった。
”男性は「死にたいとは言っていなかったが、時々うそをついている感じもあった」と振り返った。”
これは「しみじみ」案件だな
僕たちは気づいていないけど、僕たちの周りには救いの手を求めている人がいる。きっとそういう事なのだと思う。
生きる意味は『それを考える意味』があまり無いよ。
勝者だけが後出しで「有った」て言うから、勝者じゃない人には虚無深淵しか見えない。
深淵を覗くな。
善悪に味は無く
数字に色は無く
生死に意味は無い
深淵ヲ覗クナ
焼肉ヲ食ベロ
菅義偉前首相の顔面にパンケーキをぶつけて逮捕をされればよかったのにと悔やまれます。

住所不定の無職
荒木秋冬容疑者(28)
12/26 ……長崎から上京
新宿中央公園の橋の下で生活
「生きている意味が見いだせず、死にたかった。警察に捕まって人生を終わりにしたかった」
「捕まる前に焼き肉が食べたかった」

2022.1.9
>>生きている意味が見いだせず、死にたかった。警察に捕まって人生を終わりにしたかった。店はどこでもよく、捕まる前に焼き肉が食べたかった。新宿中央公園の橋の下で生活。長崎から上京28歳。親はなく、ペンキ屋をやっていたが、会社がつぶれて借金ができた
たぶん東京新聞だけ、公園まで取材に行っている

“容疑者とみられる男と隣で暮らしたホームレスの男性(78)は「(中略)容疑者じゃなきゃいいなと思ったが…」と残念がった”
“男は昨年12月26日から橋の下で暮らし始めた。「アライ」と名乗り、”
(本文で続きます。)
自分で良ければ一緒にご飯食べたのになぁ。
生きる意味なんか
誰もわかんないだろうけど
他力本願なんじゃないかな。
誰かを笑顔にするために生きれば
自ずと自分も笑顔になるし
幸せは誰かがくれない。

借金は債務整理とか自己破産とか
なんとでもなる。
知識つけて帰っておいで。
ふぁいと。
ホームレス仲間から「嘘をついているように見えた」というのが全てを物語っていますね。
悲しい国、日本。→
言葉にならない。
記事を読んでいて、胸が潰れる思いでした。

《警察に捕まって人生を終わりにしたかった》

《 代々木・焼き肉店立てこもり…監禁容疑で逮捕の28歳男、京王線事件に触発か》
同じ20代として他人事と思えない。

ニュースでも聞いたけど、この人最後まで誰も傷付けなかったらしいし路上で共にした人からは「普通の真面目な人」と。

何でいつもこういう人が浮かばれないわけ?悔しい。
毎月一人あたり10万円配っていれば、路上生活をすることもなく堂々と焼肉をたらふく食べられていただろうに。
我儘な奴だなぁ。
28歳で路上生活をしていた若者が、「捕まる前に焼肉食べたかった」と言って焼肉屋に立てこもったニュース。悲しすぎる。
「捕まる前に焼き肉が食べたかった」
辛いね。
死刑になりたいなら最低でも一人殺さないと無理だぞ。
皆が考えているようにこういう事件が増え、少しずつ治安が悪化していく。もう少し物価が上がるとさらに悪化することだけは確かだ。
加害者の辛さも理解しようと思うけど、捕まる前に焼肉食べたかったとか…わがままとしか思えない。路上生活してなくても、焼肉なんて何年も食べられないよ。可哀想にとは決して思えない。社会福祉の窓口に駆け込むとか、日雇いバイトだって…若いから何でも可能性はあるはず。
世田谷自然左翼のみなさん。
こんな事件が起こる日本で『脱成長』ですか?

いい加減せぇよ。
(犯人にじゃないよ。脱成長とかGDPは増えなくてもいいとか言ってるリベラルのみなさんに言ってるのよ😳)
「捕まる前に焼き肉が食べたかった」と…😢
被害にあわれた方に、ケガがなかったのが救い。彼は、事件を反省して、更生した時に「生きる意味」を見つけられる社会になれば。
最後に強盗やって、その金で飲み食いして、線路に石を置けば、焼き肉を食べて死刑で死ねたじゃん
何をやってもダメだなこの男
ここがダメ🙅‍♀️
・立てこもりだけで死刑になりたがっている
・自◯ができない
・名前が秋冬と書いて「あきと」
◯にたければ自分でね😉
都心は今年もジョーカーが出ちゃいました
飲食店、電車...リスクでしかない
しんどい…
12月26日から新宿中央公園で路上生活をしていたとのこと。年末年始の支援につながっていればと思わざるをえない。
もう、この手の言い訳はウンザリ😩自分の人生に嫌気がさしたら自分で始末をつけろ。
自分の人生を他人の所為にして生きている人間特有の言動。
捕まる前に焼き肉が食べたかった
防衛費のような無駄金を10兆円も使おうとしている場合ではないのだ。目を覚さなければダメだ。
ホームレス生活で、生きる意味見えず、死にたかった、捕まる前に焼き肉が食べたかった、ああ、なんという悲劇だろうか。
店長に傷がなかったことだけが救い。
犯人の男性が、罪を償い、生きる意味をみつけ、社会の中で生きていく道が見つかるように、祈らずにいられない。
良い傾向ではありますが、少し弱いですね。社会とクズ共への復讐は徹底的に実行せねばなりませんよ。
以上
 
PR
PR