福島第一原発、凍土遮水壁の一部が解けた可能性 鋼管を地中に打ち込み地下水を止水へ:東京新聞 TOKYO Web

38コメント 2021-11-25 20:46 東京新聞

東京電力は25日、福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)の1~4号機周囲の地中に地下水流入を防ぐために造った凍土遮水壁の一部が解けている...

ツイッターのコメント(38)

原発事故によるトラブルはまだまだ続き、過去に例のない解決策を試行錯誤のように続けているんだよね。原発はダメ。
広報担当者「壁の外側の地下水水位が高く、水圧で水の道ができたかもしれない」

県内の研究者も提案している「広域遮水壁」の設置を早急に検討するべきです。
安かろう悪かろうの典型。
愚劣
人類史上最悪の放射能事故を石棺化しない。

ウイルスパンデミックでPCR検査をしない。

🐴🦌ですね。
🐴🦌の国
🐴🦌ジャパン🇯🇵

🤣😳
いつもの道。
「全長約1.5キロ。地中に打ち込まれた約1600本の凍結管(長さ30メートル)に零下30度の冷却液を循環させて、周囲の土を凍らせている」…結構、無理なことしてんだ。→
最初にずっと冷凍しとかんなんモンを作るのがおかしいやろ
鋼管を地中に打ち込み地下水を止水へ

東京電力は25日、福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)の1~4号機周囲の地中に地下水流入を防ぐために造った凍土遮水壁の一部が解けている可能性があるとして…
鋼管を地中に打ち込み地下水を止水へ

元々 壁ではなく氷の柱やから完全に遮断してる訳では無い
未”処理水”がどこに流れ込むのかな。。。
”処理水”と呼ばれるものに気を取られて風評とは呼べない状況が進んでいるのですよ。
 
PR
PR