九州電力川内原発1、2号機で特別点検実施へ 40年超運転に向け「カーボンニュートラル実現に原子力を最低限活用」:東京新聞 TOKYO Web

8コメント 2021-10-14 17:42 東京新聞

九州電力は14日、40年の運転期限が迫る川内原発1、2号機(鹿児島県)について、運転延長を目指して原子炉の劣化状況を調べる特別点検を始...

ツイッターのコメント(8)

古い原発では交換部品が無い事も多いという
地震や災害が多発する日本に原発は要らない

・新増設反対
脱原発のためにも
 40年超運転に向け「カーボンニュートラル実現に原子力を最大限活用」
40年超運転に向け「カーボンニュートラル実現に原子力を最大限活用」

九州電力は14日、40年の運転期限が迫る川内原発1、2号機(鹿児島県)について、運転延長を目指して原子炉の劣化状況を調べる特別点検を始めると発表した。
カーボンニュートラルを核発電のダシにするのは感心しない。
原子力発電を上手に安全に運用して
温暖化対策を急いでほしい、というのが私の今一番の願いです
地球温暖化は世界規模です
💕☘️🕊☘️💕
原発はカーボンニュートラルの救世主の如く語るが、使用済み核燃料の処理については語らない。原発を抱える電力会社や政府は無責任です。
"「カーボンニュートラルの実現には原子力を最低限活用していく必要があり、長く運転することは選択肢の一つ」"
最低限活用という言い方なんですね。
九電は川内1、2号機と玄海3、4号機を稼働中です。
以上
 
PR
PR