ノーベル物理学賞の真鍋淑郎さん、50年前に地球温暖化を予測していた:東京新聞 TOKYO Web

33コメント 2021-10-06 06:20 東京新聞

ツイッターのコメント(33)

「日本人」として賞賛したがる人らは、耳傾けて聞き入れて来たんですかね?
今回のノーベル物理学賞の内容、やっと素人にも分かる記事をみつけた。
>第一の業績は、コンピューターが今よりはるかに貧弱だった時代に、地球の大気がどう変化するかを科学的に予測計算
>二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスが地球の気候に重大な影響を及ぼすことも証明
絢辻さん、単純モデル化することと、極論を振りかざすことは違うと思うよ。
「ノーベル物理学賞の真鍋淑郎さん、50年前に地球温暖化を予測していた」そうです。
少なくとも言い出しっぺは80年代のアメリカ議会の演説でも朝日新聞でもないんじゃない?
真鍋淑郎先生、ノーベル物理学賞受賞おめでとうございます♥

先生はもう90歳ですのに生き生き人生を謳歌していて本当に羨ましい限りですね🤗

流石スウェーデンはこれからの地球環境のことも考えた上での
60年代末「二酸化炭素の濃度が2倍になれば、地球の平均気温が2度上がる」と予測。
1988年「21世紀後半には地球の平均気温が3度上昇する」「日本では台風が増える」などと予測 。

すごいね!
真鍋叔郎さんのノーベル賞受賞を心から祝福します!
たくさんの記事の中でこれが一番良い記事だと思いました。→ノーベル物理学賞の真鍋淑郎さん、50年前に地球温暖化を予測していた。
いかにもグレタが喜びそうだけど、
地球って今、寒冷化してんじゃなかったの?
この記事読みやすい👀
50年前どころか1956年の『空の大怪獣ラドン』でも温暖化について言及してる台詞あるから概念自体はもっと前から結構一般化してたんじゃないかな?
 
PR
PR