【全文】小山田圭吾さん 過去のいじめ一部否定「目撃談語ってしまった」:東京新聞 TOKYO Web

34コメント 2021-09-18 06:04|東京新聞

ツイッターのコメント(34)

改めて情報を整理しておいた方がいいでしょう。
当時のインタビュー記事の内容には賛否両論はあるだろうけど、ぶっちゃけ活動再開してくれて嬉しい。
人生をかけて出した声明文をきちんと報じたのは だけだったのではないでしょうか。
日本中の人に行き渡るには、報道の力が必要だし誤りを報じる責任がある。
いじめを見ていただけの人間もいじめに加担したのと同じって感想しか持てませんね
盛って話した責任は本人にもあるとしても、それらも含めて今真摯に反省している小山田さんをさらに叩ける人ってどれだけいるのかね。殆どの人は叩くだけ叩いてあとは忘れる。
備忘録。文春の記事も読んでから考える。
何の冗談でトレンド入り?
復権希望?
過去にやった事はすべて無かった事なのか?
私たちは大人です。
どうぞご自由に
音楽活動に勤しんでください
ついでに尾鰭がついて
小林氏の名前まで出ていたが、
彼もどこかで活動再開するんだろうな
ひっそりとね。
もう 遅 い。

オリンピックは終わってるし、
デザインあも終わってる。

今更どうした
排泄物食強要が本人によるのでなければ結果的に訂正されたらいいが、本人が謝っている通りその後の対応は悪いし、「五輪の開会式で排泄物食強要の人物を要職に起用」は消えない。
"自分の作品に対する自信のなさも、そういった言動の原因になっていたと思います" 彼の様な素晴らしい音楽家の真摯な告白に心打たれる。ゴミみたいな曲を平気で世に放つ連中ばかりなのに。
東京新聞はこれを文字起こしして記事にしてくれてるから、まだROJの見出しで止まってる人にはこちらを読んでみてくださいねと伝えていこうと思う
quick japanの記事を読んで久々に電車で泣いた。
優しくしてくれているように見える健常者を友達と思う彼。
音沙汰のなくなったその男に、年賀状で繋がりたいと思う彼。
子供の思いを汲んで年賀状に線を引く母親。
間違...
・・・余計な弁明しないで、もう黙っててくれないかな?
「暴力行為を目にした現場で傍観者になってしまったことも加担と言えますし、その目撃談を語ってしまったことは自分にも責任がある」分かっとるやん。これ以上でも以下でもない。
雑誌掲載後からずっと批判的な反応はあった筈なのにずっと放置して仕事に影響が出ると内容を否定するって信用できんやろ
大半の人は「言い訳」と思われても仕方ない文ですね。
黙って見ていた上に大人になって自慢話に使うのでは、実際やった以上に下劣だという話になりませんかね?
ロッキングオン側も誠実に対応する時期かな?この一連の報道とか炎上とか含めて終わってもらいたい。小山田さんの価値を使って商売したのならフェアに対応する時だと思う。良し悪しではなく、アーティストに対する敬意を。【全文】小山田さん 過去のいじめ一部否定。
太田出版が出した当時の取材者本人の謝罪文と併せて読んだ。両者の真摯に反省する姿勢は伝わったし、俺としてはこれ以上言及するつもりはない。無論、被害者の本人が許すかどうかは別問題であるのは言うまでもないが。
体のいい言い訳なのかなと読み始めた。
昨今の謝罪になっていない謝罪、居直り、論理のすり替えなど醜悪なものが溢れている中、真摯に反省の言葉を綴っておられるのでは。
文字起こしGJ /
ロッキンオンの記事にかなりの捏造があったってことか
インタビュアーは現在の編集長で、他人事みたいなコメント出してたけどね
お詫びと経緯説明
≪特に、長年に渡ってそれらが拡散されることで、倫理観に乏しい考え方や、いじめや暴力に対しての軽率な認識を助長することに繋がっていた可能性もあり、これまでそのことに真摯に向き合わず時間が経ってしまったことはとても大きな過ちでした≫
27年前の出来事。そしてそれからずっと被害者の心は完全に癒されることはない。小山田圭吾がしていることは自らの保身でしかない。私には加害者を炙り出しているように見えるから。

> 過去のいじめ一部否定「目撃談語ってしまった」
2021年9月18日
「今回、誤った情報の拡散や報道もありましたが、元はといえば、自分の過ちが招いたことだと思いますし、それを放置してきてしまったことへの責任を痛感しております。」

私のつらかった部分と小山田さんが感じている責任が一致していたことに安堵した。
小山田圭吾が昨日発表した「いじめに関するインタビュー記事についてのお詫びと経緯説明」を読んだ。

いじめへの贖罪、加害からの逃避も反省しているので、もう手打ちでいいでしょ…
過去のいじめ一部否定「目撃談語ってしまった」(東京新聞TOKYOWeb)
インクルーシブ教育を掲げてきた和光学園の理念と現実の乖離についてどこも報道していないように感じる。
東京新聞はちゃんと無料で全文載せてるよね?
毎日って結局なんやったん?
嘘吐きが、嘘をついていましたと、言い訳されても…
弁護士あたりと相談して、警察沙汰になりそうなものだけは、否定して逃れようとしているだけかも。
『 Web』
何年も前の行きすぎた発言で仕事も名誉もすべて奪われる監視社会
これがネットの普及した民主主義の行く末なのか
これが事実かどうかも怪しい。信用ならない人物であることに全く変わりはない。
以上
 
PR
PR