禁錮5年の飯塚被告に異例の説諭 裁判長「過失は明白。遺族に真摯に謝って」:東京新聞 TOKYO Web

18コメント 2021-09-02 16:58|東京新聞

ツイッターのコメント(18)

この件の記事多いから全部読め無いけど、自分が運転してる車で死亡事故を起こしてしまった事実すら反省して無いって事だった?

 裁判長「過失は明白。遺族に真摯に謝って」
国民の言いたいことを言ってくれた。
ちゃんと反省してるフリしてれば執行猶予までワンチャン貰えたかもなのに馬鹿だよな。加害者遺族はお前が公判中に寿命を迎えることを祈るのみだな。
殺意はなかったのだろうが、過失から人を殺してしまったーーにも関わらず謝罪するどころか開き直り、被害者遺族を責め、あげくに逆ギレして訴訟するぞと、弁護士から連絡がきた、というのが今のおれの状況。意味不明過ぎて詳細は語らんが、加害者は統合失調症
これは名誉裁判長
「被告人、いいですか」。
東京地裁の下津健司裁判長は、飯塚幸三被告(90)に禁錮5年の実刑判決を言い終えると、異例の説諭を始めた。
おろかであわれなことである
裁判長、よくぞ言ってくれました!
いま90か…
体調不良を理由にさっさと出てきそうやな。。
ほんとしっかり認めて真摯に謝って欲しいわ
少しでもこの爺さんの心に響いてたらいいな。
告訴はするんだろうけど、せめて告訴せず罪を認めてほしい。
罪と向き合ってほしい。
誰でもミスはする。大なり小なり。
ちゃんと向き合うことが彼が今回失ったものを少しでも取り戻せる最後の手段。
生き恥晒すなよ!
裁判官に対する心象も相当悪かったんやな|
量刑が重いか軽いかといった話はさておき、自動車業界の端くれで生きる者としては「自動車メーカーの名に泥がつくことは無かった」という点で安堵した。

で、個人的には刑が軽いと思う。

被告は最後まで自らの過失を否定し続けたのだから...。正気の沙汰ではない。
早稲田のローでも、刑研の模擬裁判でもお世話になった下津裁判長、ご苦労様でした!
「被告人、いいですか」
この裁判長大したもんだな、、
まあ、霞が関辺りから圧力は無かったのかもしれないが。
「東京地裁の下津健司裁判長は、飯塚幸三被告(90)に禁錮5年の実刑判決を言い終えると、異例の説諭を始めた」
裁判長「過失は明白。遺族に真摯に謝って」

東京新聞 TOKYO Web
以上
 
PR
PR