「緊急メール」に誰ひとり動かず みずほ銀障害、顧客軽視の風土浮き彫り:東京新聞 TOKYO Web

300コメント 2021-06-15 22:39 東京新聞

みずほフィナンシャルグループ(FG)は15日、みずほ銀行のシステム障害の責任を明確にするため、坂井辰史社長の役員報酬の減額などの処分を...

ツイッターのコメント(300)

メガバンの幹部が現場猫ってガチでヤベー
大抵の店で現金を必ず使う必要はなくなってきたけど、それでも現金をATMで日曜に下ろしたい人って、必要に迫られている人なんだよなぁ
誰かが対応してるだろうからヨシ!
みずほ銀障害、顧客軽視の風土浮き彫り 業務委託先の管理センターからみずほ銀行の6つ以上の部署へ430件のエラーを検知したとの緊急メールが送られたが、対応に動く担当者はいなかった。:東京新聞 TOKYO Web
スクラップをしていて、6月15日の東京新聞「「緊急メール」に誰ひとり動かず」のみずほ銀行の障害に関する第三者委員会報告の記事を読みました。
「人的要因」を原因の一つとしてあげていました。人の意識、意外と大きな要因となる事を物語る事例と感じました。
"6つ以上の部署へ"同時に送られたからではないのしら……

とりあえず1つの部署へ、後に然るべき部署へ回す、とかなら動いた気がする。

または、上からの明確な指示がなかったか。
ホールセールとか勘定系絡んでるとこだとWARNING以上のログ出たら即発報でパトランプ回るとかよく聞くけど、リテールは優先度低いのかね?
「藤原弘治頭取が障害を知ったのは午後1時半、インターネットニュースを通じてだった。」←システム障害を起こすだけあって、情報収集も超デジタルですな━(〃>З<)
私は5244件の1件でした
「持ち場を越えて意見を述べる行動が高く評価されず、間違いがあれば大きく評価を下げる企業風土」
そんな会社、普通にあちこちにありそうだけどね。
 
PR