TOP > スポーツ > 五輪全PV中止、小池都知事「ファクトではない」報道機関に抗議文:東京新聞 TOKYO Web

五輪全PV中止、小池都知事「ファクトではない」報道機関に抗議文:東京新聞 TOKYO Web

42コメント 2021-06-11 15:13  東京新聞

東京五輪・パラリンピックのパブリックビューイング(PV)を巡り、東京都内全ての開催を中止する方向で都が検討に入ったとの報道について、小...

ツイッターのコメント(42)

ブリックビューイング中止が決まってなかったら、とっとと中止決定すればいいだけじゃん
優柔不断だからそんな報道が出るんだ。今まで自分が結論を出したことがあったのか?すべて責任転嫁じゃないか?
五輪全PV中止、小池都知事「ファクトではない」報道機関に抗議文

よく分かった。小池都知事は別に人流を少なくしようとは思ってもいないし、感染拡大しても別に構わないという、そういう考えなんだな。

リコールしないのか>東京都民
パンデミック五輪開催、全PV中止当たり前や
ただのお祭り騒ぎに、なりかねないって!
何コイツ
まだやる気でいるの?
あなたの判断が
異常事態宣言なんですけど。

インクレディブルです。
ファクトではないファッショだ
とか言ってくれればな~、面白すぎた
ファクトではないが、事実だw 既に外堀は埋まった。
安心して、誰もマスコミが真実言っているなんて思っていないから😂
相変わらず、緑のおばさんは英語かぶれだな。日本語を使えよ、日本語を‼︎
ずるずるずるずる
なに考えてるのかな
どこかの無能な都知事は簡単な日本語すら日本語のみで話すこともできないですね。日本語に障害があるなら政治家辞めてほしいものです。
この人結局自分では何も決めない。世間の顔色と政府の判断と他所の自治体の動きを見て一番受けがよさそうなことをしようとしているから後手に回るんだが、それが自分のやり方だと開き直っているから質が悪い。
>五輪全PV中止、小池都知事「ファクトではない」報道機関に抗議文」

日本語が母語の小池狸は、何故「事実ではない」と言わずに「ファクトではない」というカタカナ英語を使うか。そんなに英語好きなら、全部英語で言え!
例:”That´s not a fact"(中学ー小学?英語)
何事も自分で言いたい人。
なんで一々横文字で言うんや?事実ではないでええやろがい
なんか情報が錯綜してるなぁ
はっきりと日本語で話してもらえます?
「密」をつくるな。人流を抑制する。誰が言ったんでしたっけ?二枚舌め。
貴女の口からファクトという言葉が出てくるとは

ジョークですかね
小池知事、排除します。PV、立派な為政者なら、とっくに中止。立派でない知事。
東京都もコロナまん延に舵をきるのね!
什么什么?你说什么?

「ファクトではない」日本語?
早く諦めろ

>一部報道では、複数の関係者の話として、大会組織委員会と都が共催する井の頭公園でのライブサイトや都が主催する4カ所のPV会場を中止し、ワクチン接種会場に転用できるかの検討に入ったと
>小池氏は「発信された社、担当者宛てに、事実誤認であると抗議文を
ずっと思っているけれど、なぜそこまでカタカナを使われるのだろうか。ファクトって「物事の核心」みたいな意味かと勘違いしてた。
続々と中止してるのにね。まともな首長は。
誤報だったんか〜い!
五輪ファーストで
都民のコロナ対策を尻拭いに利用は確定なんやろ?
都民は既に五輪を見捨てている。足元から瓦解するのも時間の問題。
いちいち抗議文送るヒマなんてあるのかよ?こういう事には早い対応するんだな。その前に先日の配慮にかけた『8時だよ~』発言を謝罪しろよ。
今ごろ都庁じゃ「誰が言ったか」の犯人探し🤪
去年の都知事選の時「小池百合子に投票することは自分で自分の墓穴を掘るのと同じこと」だって言ったけど、それを自ら証明してくれました
ダメだ。ファクトと聞くとどうしてもダルクって言ってしまう…

個人的にダルクよりもヨグレス&オムルガンの方が苦手だけどな(
だったら
五輪全PV中止しない
都民の皆様PVに来て下さい!
私は声を大にして
人流と感染拡大させることを
都民に約束する
と言え!
大会組織委員会と都が共催する井の頭公園でのライブサイトや都が主催する4カ所のPV会場を中止し、ワクチン接種会場に転用できるかの検討に入ったと伝えていた。
いちいちカタカナを使うところが百合子っぽい。人心を撹乱することで権力を固めてきた人物の言うことに一喜一憂するのはもう疲れた。>
緑のおばちゃんも、菅氏と答え方が似てきたな。
真相はわからないけど、上げたアドバルーンの反応が芳しくなかったからメデイアの誤報にするぐらいのことはやりそうだ
五輪全PV中止、小池都知事「ファクトではない」報道機関に抗議文

東京新聞
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR