TOP > 社会 > 「単独室は動物の部屋みたい」 スリランカ女性の遺族が入管訪問:東京新聞 TOKYO Web

「単独室は動物の部屋みたい」 スリランカ女性の遺族が入管訪問:東京新聞 TOKYO Web

6コメント 2021-05-17 13:23  東京新聞

名古屋出入国在留管理局(名古屋市)の施設収容中、体調不良を訴えて死亡したスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん(33)の遺族が17...

ツイッターのコメント(6)

「単独室は動物の部屋みたい」スリランカ女性の遺族が入管訪問:
動物だとしても動物愛護法違反だろう。
スリランカ女性の遺族が入管訪問
「小さくて動物の部屋のよう」と報道陣に述べた
 管理局側は「真相から逃げているように感じた」
人権後進国、明治政府の続きのようだ
東京新聞 TOKYO Web
遺族は「真相から逃げているように感じた」と不信感をあらわにした。
名古屋出入国在留管理局の施設収容中、体調不良を訴えて死亡したスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさんの遺族が17日、弁護士らに付き添われて同管理局を訪問しました。遺族は終了後に「単独室は小さくて動物の部屋のようだった」と報道陣に述べました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR