TOP > 社会 > <さまよう避難計画 東海第二原発運転差し止め判決>(1)達成困難 94万人の安全どう確保:東京新聞 TOKYO Web

<さまよう避難計画 東海第二原発運転差し止め判決>(1)達成困難 94万人の安全どう確保:東京新聞 TOKYO Web

5コメント 2021-05-17 08:31  東京新聞

94万人の安全どう確保 「判決では、避難計画の内容が重要だと指摘されたので、中身が伴わないといけない。策定にはまだまだ時間がかかる」 ...

ツイッターのコメント(5)

東海第二原発で事故が起きた場合、原発30キロ圏内に住む94万人をどう一斉避難させるかということを税金を使い続けて決めている。
水戸支局の松村真一郎記者が、東海第二原発の避難計画の課題を4回にわたって検証しています。

<さまよう避難計画 東海第二原発運転差し止め判決>(1)達成困難 94万人の安全どう確保:東京新聞 TOKYO Web
東海第二の運転の差し止めを命じた水戸地裁判決から18日で2カ月。判決は「実効的な避難計画を策定できるか疑問がある」と批判しました。本日から4回、連載企画「さまよう避難計画 東海第二原発運転差し止め判決」を掲載します。
#東京新聞
さまよう避難計画,東海第二原発運転差し止め判決1/達成困難/94万人の安全どう確保,東京5/17
「避難計画に『実効性がある』とお墨付きを与えるのは,首相が議長を務める原子力防災会議」

そうなのか。
策定不能の水戸,日立,ひたちなか市は,国に最終判断を委ねてはいけない。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR