TOP > 政治・経済 > 働く妊婦への「助成金」予算10分の1に減額 執行率2割、申請に応じぬ事業者も:東京新聞 TOKYO Web

働く妊婦への「助成金」予算10分の1に減額 執行率2割、申請に応じぬ事業者も:東京新聞 TOKYO Web

55コメント 2021-05-17 06:14  東京新聞

新型コロナウイルスの感染拡大に不安を抱えながら働く妊娠中の女性が有給休暇を取りやすくするため、政府が2020年度に新設した事業者向けの...

ツイッターのコメント(55)

助成金申請が企業から出ないので助成金予算を1/10にするとか。
残念な政府か、残念な企業か。
残念ながら両方なんだろうな。
事業者がめんどくさいというのであれば、簡単な制度にしたり、個人申請もできるようにすればいい。減額する前にやることあるだろ💢
産休まで使えるって聞いてたけど、変わったりしないよな😓
思った以上に使われてないし、会社で無理って言われて使えないとかもあるし、個人申請できた方が絶対いいけど、難しいのかなぁ。
すごい、少子高齢化促進剤、、、
個人申請認めなきゃせっかく助成金あったって全然機能しないよ...
>「手続きの手間や人手不足などを理由に妊婦の求めに応じない事業者があり、制度の活用が進まないことが背景にある」なら、減らすのは助成金の額じゃなくて手続きの手間の方でしょう。事業者への働きかけしかせずに減額するのは、本気でやる気はないということの証では。
自民党の言う「女性活躍」なんてこんなもんだよね。
「女性活躍」などという悪辣な発想の必然的帰結。/
は???と思って記事を読んだら色々酷い…。世帯主とか会社とか男を噛ませて管理しないと気が済まないのか。
一律給付でも助成金でも、国から個人として直接給付を受けたことのある女性は一体何%なのか。
「菅義偉首相は「こども庁」創設に意欲を示す。だが、現場の施策では国民向けアピールとは矛盾した状況が起きている」
取り上げてくれた柚木記者、取材協力してくださった皆さん。
ありがとうございました😊
新聞一面に取り上げてもらえて嬉しい😆
事業主が利用を渋るなら、政府がやる事は予算の減額じゃなくて、利用を拒む事業主への罰金等のペナルティや妊婦さん自身が個人申請できるシステムの構築だろうが💢
ほんとに政府バカしかいない💢
厚労省のやる気の無さが見え見えです!!
これはひどい。
これで子ども産めという方が無理。
「ひとついいかな?執行率2割だと幾ら?」「18億だね」「今年度予算は?」「約10億だね?」「もひとついいかな?」 「残りの8億、どこいった?」
事業者が申請してくれないから、申請実績が少なくなって、申請実績が少ないから予算が削られてますます制度が無くなっていく……
虐げてるのは国じゃなくてごく身近な人……
2007年から発足した少子化対策大臣全く役にたっておらず
厚労省 
「ほとんど機能していないから減額」って、。
使われるように働きかけるのが仕事だろ。嫌がらせか?
男女平等,同権を錦の御旗に掲げる「リベラリスト」や「フェミニスト」の望む世界なんちゃうの?
この現象って?男女平等って、こういう事も含めてやんな?
兵庫県の女性会社員(27)は政府が助成金を創設した昨年6月、勤務先の上司に助成金を財源とした有給休暇の取得を求めた。
あんなぁ、わたしが子供一人であきらめたのは、こういう国に住んでるからであって、他の理由はなんもないよ。産めねえよ、どう考えたって。でもってもう出産は不可能.
コレゆゆしき問題だろ

企業に余裕が無いならこうなる理由は分かるし、一面から解決出来る問題じゃないぞコレ
やったふりがバレても開き直り
長期自公連立政権
>手続きの手間や人手不足などを理由に妊婦の求めに応じない事業者があり、制度の活用が進まないことが背景にある。

こらこらこらコラァ〜〜!!!!
これで「こども庁」とか
笑わせるわ。

ムダな所にお金いく仕組み止めて。
子供がいることでこんなにも立場が弱くなるなんてね😞
思ってる数十倍は妊婦に優しい社会になるのは遅いみたい。
個人申請はよ
個人申請だって妊婦には負担だけどね
「深刻な少子化に対処するとして、菅義偉首相は「こども庁」創設に意欲を示す。だが、現場の施策では国民向けアピールとは矛盾した状況が起きている」
やることが明後日の方向すぎる。事業者が壁になることは当初から予測できただろうし、少なくとも20年度の経験で分かること。やるべきは個人申請制度を早急に設けることで、予算縮小ではない。
次から次と… どういう棄民国なんだ。
制度はあるが利用できない、日本の労働現場の子育て支援の典型例がまた増えてしまった😭事業者の良識任せではなく、良識に欠ける利用者にこそ運用を義務付ける設計が必要。
子育て予算が減るのは、超少子化の時代だから別にいいじゃんかよwww
支給決定額は約19億8800万円(5月7日時点)、執行率は2割程度。21年度は妊婦1人当たりの助成額を下げるなど10分の1の9億8000万円に減額された。
ひどいことするなぁ,この政府は取り替えなくちゃダメだな。
これがスガ政権の本性。国民のために働くんじゃなかったんかいな。
また条件付きか😅

子供庁とか結局選挙のための掛け声…

うんざりだわぁ自民党😓
菅首相は「こども庁」を目玉にする一方、働く妊婦への「助成金」予算10分の1に減額

厚労省は「制度の活用が進まないから減額した」と言うが、女性会社員は「申請を勤務先から断られた妊婦が多い。国が個人申請を認めるなど策を講じないから申請件数が少ないままだ」と怒る
これも、そう!ワクチン予約も、そう!お役所の手続きは複雑怪奇だが、そのことで企業が手続きを渋ったり、活用が少ないので予算を減らしたりすることは、本当に許せない。
今日の東京新聞一面
今日の1面トップ。
非正規は問題外で会社員ですら妊婦に厳しくなる。
女性が生きにくい国ジャパンで少子化どころか無子化へまっしぐら。
申請実績を見て増やせない。支援しますと作っておきながら、怠慢な企業(上司)は有休を使わせず、君らグルなの?と。全てが口先だけの政府。
社員を大切にしない会社だ /
政府も事業者も冷酷だ。ここにも「命」かかってんだよ。本当に命に冷たい。
「深刻な少子化に対処するとして、菅義偉首相は「こども庁」創設に意欲を示す。だが、現場の施策では国民向けアピールとは矛盾した状況が起きている」
「事業者側に助成金の利用を強く求めることが難しく、我慢を強いられた女性たちは事業者を通さず、個人での申請を認める制度改正を求めている」
「子ども庁」って、もしかして子ども絶滅が目的?
こういうところを政治主導で改めていく政治家が必要なんだが。オリンピックなんぞにかまけてないで、本来の仕事をしろ。
おいおい。なんでこの国はこうも冷たいかね。
新型コロナに関する母性健康管理措置による休暇取得支援助成金が1/10に減額。やっぱりこども庁は目眩しだったか。
ここにも人口削減計画の施策が見え隠れしてるよ!
制度自体も何かずいぶん変化している。助成を受けやすくする変化??
「新型コロナに関する母性健康管理措置による休暇取得支援助成金」は男女雇用機会均等法の母性健康管理措置に基づく。事業者は、必要な措置を講じなければならない。
制度設計が甘かったわけだから代替制度を考えようとならないかな。使わなかったから予算削るって単純すぎる。
自助だよね?公助はないんだよね?子供庁も予算は看板代だけなんだろうね、菅!?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR