TOP > 社会 > 一人親世帯「減収」「頼れる人いない」半数近く回答 立川の当事者団体アンケート:東京新聞 TOKYO Web

一人親世帯「減収」「頼れる人いない」半数近く回答 立川の当事者団体アンケート:東京新聞 TOKYO Web

5コメント 2021-05-16 09:41  東京新聞

コロナ禍が一人親世帯に与えた影響を探ろうと、立川市の当事者団体「立川みらい」が会員八十人を対象にアンケートを行い、結果を発表した。二〇...

ツイッターのコメント(5)

ひとり親世帯調査「減収、身近に頼れる人いない」半数
「で働いても生活が厳しい世帯が多く,
は水でお腹を満たす
子どもが家にいることが増え出費増,生活が苦しくなった
生活苦で不安症を発症
養育費もらえず,塾に通わせられない」
困窮化,世代間連鎖も懸念⁉️
立川の当事者団体アンケート

収入が一九年度より減った人や身近に頼れる人がいないと回答した人は半数近くに上り、一人親世帯の厳しい生活状況が浮かび上がった。

正社員として働いていても、生活が厳しい世帯が多い。
水で空腹感をごまかす子どもたち。いつの時代かと目を疑う。五輪やる資格なんてないだろう。その金があれば、どれだけの子供たちを助けられるか。

 立川の当事者団体アンケート:東京新聞 TOKYO Web
ベーシックインカムを。
コロナで 立川の当事者団体アンケート

会長は「水でおなかを満たしている子どももいる。シングルの人は子どものために頑張る強い意志を持っている。どんな状況でも安心して働いて育児ができる場を作ってほしい」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR