TOP > 社会 > イスラエルの空爆激化でガザは医療崩壊寸前 患者の移送も困難「私たちに人権はないのか」:東京新聞 TOKYO Web

イスラエルの空爆激化でガザは医療崩壊寸前 患者の移送も困難「私たちに人権はないのか」:東京新聞 TOKYO Web

7コメント 2021-05-15 20:48  東京新聞

【カイロ=蜘手美鶴】イスラエルとパレスチナ自治区ガザの間で続く報復攻撃の応酬で、イスラエルの空爆が14日以降激化し、ガザの医療体制が崩...

ツイッターのコメント(7)

何が、なぜ、起きているのか?ワクチンが...非常事態宣言が...オリンピックが...と自国の困難?で手いっぱいの我が国民にとっては対岸の火事なんでしょうね😥
〈イスラエル空爆=悪〉だけでは説明できない歴史的背景を知らないと感情論に陥ります。YouTube解説必要かなあ~?
ジェノサイドだな。
パレスチナ自治区ガザで、イスラエル軍の空爆が続いています。イスラエルによる封鎖措置と新型コロナの影響で、ガザの医療は空爆の負傷者に対応する余裕がありません。
ガザ地区からは増すがロケット弾をぎょうさん打ってるのは都合が悪いから無視か。
"ガザの医療体制が崩壊寸前に追い込まれている。イスラエルによる境界封鎖と新型コロナウイルスの影響で、ガザではもともと医療物資や病床が不足…負傷者の治療は追いつかず、隣国エジプトが患者受け入れを表明したが、激しい空爆で患者の移送すらできない状況に陥っている"
患者の移送も困難「私たちに人権はないのか」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR