TOP > 社会 > アメリカによみがえる「黄禍論」 アジア系差別の背景にあるものは:東京新聞 TOKYO Web

アメリカによみがえる「黄禍論」 アジア系差別の背景にあるものは:東京新聞 TOKYO Web

5コメント 2021-05-16 06:54  東京新聞

◇遠い融和 狙われるアジア系(上)◆道を歩けないほどの恐怖 「助けて。周りは中国人だらけ」。米国で新型コロナウイルスの感染拡大が始まる...

ツイッターのコメント(5)

/
アジア系アメリカ人が白人のアメリカ人に、どこ出身と聞かれたら、その後に相手にあなたは何代前からアメリカに移住したか聞いてみれば似たようなものなのに。
「2021年5月16日」『 アジア系差別の背景』「これまでと違うのは、国の最高指導者(トランプ前大統領)が率先して新型ウイルスを中国ウイルスと呼び、差別を助長」

現政権は日系人『強制収容を「不道徳的で違憲」「根深い人種差別』と強く非難
昨年3月、当時のトランプ大統領の記者会見で用意された演説原稿。Coronaの文字がペンで消され、代わりに手書きでCHINESEと書かれてあった
アジア系差別の背景にあるものは:東京新聞 TOKYO Web
アジア系差別ではなく中国人差別です。中国人と他のアジア系を外見上判断できない奴らが暴力を振るっているにすぎない。第二次対戦時の日本人排斥や黄禍論といっしょにすべきではない。中国は、武漢からの流布説が間違っていると証明するのが先決!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR