TOP > 社会 > 川端康成直筆の弔辞見つかる 「やさしさと気弱さと…」親友・大宅壮一への思いとは:東京新聞 TOKYO Web

川端康成直筆の弔辞見つかる 「やさしさと気弱さと…」親友・大宅壮一への思いとは:東京新聞 TOKYO Web

6コメント 2021-05-16 07:50  東京新聞

ノーベル賞作家の川端康成が1970年11月に、評論家大宅壮一(おおやそういち)の葬儀で読んだ直筆の弔辞の原本が、東京都世田谷区の雑誌図...

ツイッターのコメント(6)

そういうものにわたしはなりたい。
は、中学生の時、祖父の

介護をしていたそうだ。優しさを人

に与えるため、やりたい事を我慢し  

ていた苦しみ。その苦しみを知って

いたからこそ、親友の の優しさを大切にしたのだろう。
東京新聞 Webに掲載されました。

川端康成直筆の弔辞見つかる 「やさしさと気弱さと…」親友・大宅壮一への思いとは
こういう繋がりがほしいよな
心打たれますね。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR