TOP > スポーツ > 三菱UFJが自社運動場6ヘクタール一般開放へ 西東京市と24日に協定 テニスコートや図書施設も:東京新聞 TOKYO Web

三菱UFJが自社運動場6ヘクタール一般開放へ 西東京市と24日に協定 テニスコートや図書施設も:東京新聞 TOKYO Web

18コメント 2021-05-15 09:49  東京新聞

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、傘下の三菱UFJ銀行の従業員向け保養施設「武蔵野運動場」(西東京市柳沢)を改修し、「...

ツイッターのコメント(18)

テニスコート11面か。料金が安いといいな。
これ、凄いね。
ESG経営の一環なのかな。
「保谷?田無?」とチェックするよね。(保谷でした)/
有観客か…
「広さは、東京ドームの建築面積の約一・三倍にあたる約六ヘクタール。十一面のテニスコート、野球やサッカーができるグラウンドがある。樹木が生い茂る緑地もあり、絶滅危惧種のキンランの群生が確認されている。」
これのお陰で我が家の地価あがるだろうなぁ(笑)
良さげー!!
ちょっと遠いからあんまり行けなさそうだけど
やるのうMUFG👀✨素晴らしい
【23年6月】



>>従業員向け保養施設「武蔵野運動場」(西東京市柳沢)を改修し、「MUFGパーク(仮称)」として一般開放する
ライオンズここどう?
MUFGパーク(仮)は、スポーツエリア、ネーチャーエリア、コミュニケーションエリアを整備する計画。

図書施設は地域住民が愛読書を持ち寄り、数万冊を所蔵するライブラリーをつくるようです📚📚
おぉ良い活用ですねぇ。
以前お知らせした以下内容。
市と協定を結んだからには、市民益に叶う連携と、健康応援都市としてどんなビジョンをもって街づくりに活かすか期待しよう。
これは楽しみ。コミュニティ・ライブラリは行きたいな。
「MUFGパーク(仮称)」について今日の東京新聞に改めて大きく記事が出ていました。記事によれば、
■昨年夏に打診があり水面下で話し合いを続けてきた
■24日に協定を結び活用方法について検討する
とのことです。これから議会でも話題に上りそうですね。
三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、傘下の三菱UFJ銀行の従業員向け保養施設「武蔵野運動場」(西東京市)を改修し、「MUFGパーク(仮称)」として一般開放する準備に入った。2023年6月オープンを目指す。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR