池袋暴走事故遺族 松永さん「事故後、一番絶望した」 被告人質問・記者会見詳報:東京新聞 TOKYO Web

14コメント 2021-04-27 19:10 東京新聞

東京・池袋で2019年4月、乗用車が暴走して通行人を次々とはね、松永真菜(まな)さん=当時(31)=と長女莉子(りこ)ちゃん=同(3)...

ツイッターのコメント(14)

被害者の方も遺族の皆さんのことを考えると胸が苦しい…

あと、弁護人の先生も大変なご苦労をされてるだろうと…
乗用車が暴走して
このような表現を使うことが間違い。乗用車を暴走させ、が正しい。クルマの故障による暴走ではないことが明らかになっている。
被害者遺族が誠実で、加害者は不遜の保身。
ご遺族の松永さんが本当の意味で再び前を向いて歩き出すことができるためには、飯塚被告の心からの謝罪が必要不可欠なのは明らかなのだが...アクセルペダルを踏んでいないのに「アクセルペダルが床に張り付いていた。」そうだ。ほぼキ◯ガイ...
許せない飯塚。人として終わってる。こんな奴は世間から責められ続ければいい。何も擁護するところが無い。家でのうのうと生きてるのも意味不明。
東京・池袋で乗用車が暴走して通行人を次々とはね、松永真菜さんと長女莉子ちゃんが死亡した事故の刑事裁判で、遺族の拓也さんが公判後に記者会見し、被告に対し「事故後、一番絶望した」といら立ちをあらわにしました。
保身のために平気で嘘をつく姿は国会で答弁する官僚の姿と同じ。染み付いた処世術。事件を起こした罪と罪を認めない罪。無反省は殺人罪相当では?。

< 被告人質問・記者会見詳報>2021.04.27

*/*
「【情状酌量】
裁判官などが諸事情を考慮して、刑罰を軽くすること。また、一般にも過失をとがめたり、懲罰したりするときに、同情すべき点など諸事情を考慮することをいう」ゼロ、ゼロ
実刑を望む。私は死刑制度に反対だから実質「終身刑」を望む😡
義父の上原さん「人はね、過ちは誰でも犯すはずなんですよ、どんなに偉い人だろうと。でも彼は、私は100%だと。車はそうでないんだけど、私は100%の人間なんだと」
残されたご家族皆様の気持ちはそうだろう。

「事故後、一番絶望した」
「立ち上がってぶん殴ってやろうと思うぐらい悔しくて悲しかった」

自分が過ちを犯したのに何で気づいてくれないんだろう。そういう思いでいます。...
次回、私自身が被告人質問をします。きょう、余計にむなしさが増しましたが、「やれることはやった」と言えるように準備していきたいと思います。
東京▶︎ 被告人質問・記者会見詳報 東京・池袋で2019年4月、乗用車が暴走して通行人を次々とはね、妻=当時(31)=と長女=同(3)=が死亡した事故の刑事裁判で、遺族の松永さん(34)が27日の公判後に東京・…
アクセルペダルが床に張り付いていたそうです 。
こんなにもいら立つ松永拓也さんを初めて見ました。真菜さんのお父さんは会見後も廊下で涙を浮かべ押し黙っていました。

被告人がどう主張するかは被告側の判断ですが、それに向き合う遺族の心痛は想像しきれません。
交通事故は起きてはならないと、あらためて感じました。
以上
 
PR
PR