TOP > スポーツ > 男子走り幅跳び 橋岡優輝が大会新で2年ぶりV、今季世界最高8メートル29「思い描く跳躍できた」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

男子走り幅跳び 橋岡優輝が大会新で2年ぶりV、今季世界最高8メートル29「思い描く跳躍できた」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

 男子走り幅跳び決勝は19年ドーハ世界選手権8位入賞の橋岡優輝(日大4年)が今季世界最高記録となる8メートル29(向かい風0・6メートル)で2年ぶり2度目の優勝を飾った。橋岡は「4本目で思い描く跳躍が...

ツイッターのコメント(3)

マジかー!!すげー!浦和レッズの橋岡大樹選手の従兄弟という目線で見ちゃうおれがいるけど…2人で東京オリンピック頑張って欲しいな!!
なんかカールルイスって8m90くらいは飛んでたよね。

この競技だけは完全に人類の限界に達してんのかな。
本当におめでとうございます👏
試技数変更にはビックリ。。

 橋岡優輝が大会新で2年ぶりV、今季世界最高8メートル29「思い描く跳躍できた」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR