TOP > スポーツ > 相撲協会、18年ぶりベースアップ 横綱は月給300万円に 芝田山広報部長「時代の背景もある」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

相撲協会、18年ぶりベースアップ 横綱は月給300万円に 芝田山広報部長「時代の背景もある」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

 日本相撲協会は29日、都内で理事会を開き、関取の給与を18年ぶりに改定。19年度(19年初場所)から6~7%のベースアップ(ベア)となる。月給で、横綱が282万円から300万円(6・4%)、大関が2...

ツイッターのコメント(12)

幕下以下は手当が付く(一応無給では無い)、と
時代の背景に合った協会の体質改善もよろしく!
懸賞も満員御礼も増えたしこれはいいね
月給 横綱300万円、大関250万円、三役180万円、幕内140万円、十両110万円
持ち給金の倍率アップは無かったの?
もう20年くらい据え置きだけど。そっちの方が気になる。
ベースアップは大事。しかしながら、休場が多い横綱への風当たりはますます強くなるのでは。
協会役員の給料も上がったの?
大相撲人気もそこそこ上向き傾向だから関取衆の給料も上げられるんだよね!もっと日本人横綱出てこないかな?
養成員とかダメでしょ。憲法で勤労の義務と納税の義務はキッチリ書かれているぞ。年収一億円から300万円まで実現を!
★給金などの待遇改善より、もっと本気で取り組むべきことがあるのではないのか・・・(>_<)
関取はいいから幕下以下の給料をもっと上げてやってくれ。
十両と幕下の給料があまりに違いすぎるから「十両互助会」なんて事が起こるんだよ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR