TOP > スポーツ > 最高の一戦が不可解判定で明暗…アジア大会柔道男子73キロ級決勝 誤審を防ぐためのチェック機能が逆に…― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

最高の一戦が不可解判定で明暗…アジア大会柔道男子73キロ級決勝 誤審を防ぐためのチェック機能が逆に…― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

 立場を考えれば、異例の発言だったように思う。アジア大会の柔道男子73キロ級で、11分を超える熱戦の末に大野将平(旭化成)に敗れた韓国の安昌林(アン・チャンリン)に対し、日本男子の井上康生監督は「国の威信、プライドを懸けての戦いで、素晴らしい試合だったと思う。その中であのような結末になってしまったのは非常に残念。アン君に対して...

ツイッターのコメント(18)

指導で決まって欲しくは無いと思わせる充実した攻防だったけど、決まり手としては微妙だったには違いなく
いやまあ、最近の国際大会だと、あれぐらいで技あり取ってる気がするけどね。
去年の世界柔道決勝の橋本vsオルジョフとか芳田vsドルジスレンも、あの程度で決まってたよ。
アジア大会の審判は本当にひどかった。なぜなら平気でジャッジの取り消しをしていたから。
1つのジャッジで選手の感情は変わってしまうことを理解しているのだろうか。
とにかく、来年のグランドスラムまでには審判の指導をしっかりしてほしいね。
これって韓国が抗議してたやつ?
勝者の側からそう言われるならそりゃ納得せんわな彼らも。
技ありの解釈が拡大されてたのは知らなかった。ニュースで決着した時の技だけ見たけど、確かに微妙だったなぁ
こういう事を起こさないための映像判定

あくまでタイミングがズレる事に対するコメントのはず

判定は映像に基づく明確なもののはず

受け入れるのが正論
<大会組織委やアジア連盟が独自に招集した審判員が、国際基準を理解していなかった可能性が高い>

またか。アジア開催の審判は競技を問わずこれがあるなぁ。
審判の人員不足か→
インターハイでもそうだったけどビデオ判定でまたされたり、その結果背中がつけば技の勢いにかかわらず技ありなのは違和感アリアリだった。
100年前からおんなじことのくりかえし。
シドニー五輪の篠原の試合はこれよりひどかった
ビデオ見る審判のクオリティが担保されて無いのは勝ったガワも不安になる。
「… ジュリーが映像を見返した上で技ありに…」の部分、詳しい説明が欲しい。沢田研二さんのこと!?(・・;)
一つの大会が終わった後、日本人がその結果を忘れていても、彼らは何時までも、恨として刻まれるんですね
「畳の上の審判が一旦はノーポイント判定したものを、ジュリーが映像を見返した上で技ありに変更している。」これヤバイ
柔道の判定に不可解なことが近年多過ぎる。ルールが変更されすぎ、もはや柔道でない。
全く贔屓目なしに見たら、確かにあれはないわ。有効すら怪しい。
どのタイミングで取ったのかも不明瞭だし
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR