TOP > スポーツ > 芝田山親方 宝塚市長から女人禁制の見直し要望書受け取るも「そんな簡単に左右されるものではない」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

芝田山親方 宝塚市長から女人禁制の見直し要望書受け取るも「そんな簡単に左右されるものではない」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

 兵庫県宝塚市の中川智子市長が19日、東京都墨田区の日本相撲協会を訪れ、「土俵上は女人禁制という伝統に基づく方針について、見直しの議論を始めること」など、土俵上の女人禁制見直しを盛り込んだ要望書を提出...

ツイッターのコメント(21)

正代新十両会見の時津風親方の名言引用します「ばかじゃねぇの?」
《引用》芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は理事会で検討するとしながらも、「私たちの伝統、文化はそんな簡単に左右されるものではないと思いますよ」と慎重な姿勢を見せた。
よおぉぉぉし!第62代イイヨイイヨ〜😘
「土俵には神様いないんでしょ?巡業は単なるイベントなんでしょ」
何を言ってらっしゃるのか?
この市長は土俵の上で挨拶が目的なのか?この件は緊急時の対応が問題だったはず。論点がずれてる。一回土俵作り見た方がいい。
同市長から「土俵には神様いないんでしょ?巡業は単なるイベントなんでしょ」と言われた
神事としての色合いは薄れてきているとはいえ、これは難癖じゃあないか
「公費で来たのであれば、宝塚市民のみなさんに感謝しなければならないですね」

芝田山親方、キレッキレ
が反論 -

昔、初代若乃花が
「土俵の下には銭が埋まってる。」

と言ったが、だとしたら土俵の神様は銭まみれですね。

さすが公益法人!
おっしゃる通りです! 人命救助と混同しないで欲しい!
要望書が出るのは良いけど、巡業が単なるイベントとか神様なんていないという物言いはどうなの?
大乃国スカッとする物言いしたのね。
記事の内容より、芝田山親方の杖が気になってしまう。巨体を支えるのが大変なのかも……。
相撲協会の体質はどうかと思うし、先日の土俵上の人命救助の際の対応も違うと思うが、この中川市長の挑発的なやり方も違うと思う。頼むからそろそろ「敬意」という言葉を覚えてくれ /
宝塚市市長みたいな連中に
日本が続けてきた伝統や文化を破壊される

そう中国の文化大革命と同じく
そして中国は漢民族の統治国家となった
「巡業は前日から(土俵の)お祭りをして(巡業当日)朝から土俵にお相撲さんが上がる。(そういう)伝統の中に“しょっきり”や“甚句”、“幕の内の土俵入り”がある。これはイベントではない。私たちはそう思ってやっています」とな。
最近、土俵が女人禁制である事に対して、風当たりが強いが、「土俵には神様いないんでしょ?巡業は単なるイベントなんでしょ」とは、少し言い過ぎではないか?
女系天皇論といい、伝統を蔑ろにしている。
神様は居ないだろ。居るのは、八角とか白鵬とか言う悪魔しか居ない(笑)。
これは 勇み足だろう。人にモノを頼みに行くのに、居丈高に自己主張で相手の立場も弁えないのはあんまりだ。阪神間にはこの手の勘違いの政治屋が多いねぇ。
最近の力士が土俵に神様がいるとは思えない所作をするからねぇ、でも神事として税金投入されてるから市長の立場でそれ言っちゃダメなんじゃ…
この婆さんもしつこいな、、、、。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR