TOP > 社会 > ハトがスピード違反のドライバーをアシスト 顔を羽で隠したために運転手を特定できず― スポニチ Sponichi Annex 社会

ハトがスピード違反のドライバーをアシスト 顔を羽で隠したために運転手を特定できず― スポニチ Sponichi Annex 社会

14コメント 登録日時:2019-05-29 16:15 | スポニチ Sponichi Annexキャッシュ

 ドイツ・デュッセルドルフの西部にあるフィアーゼンの道路で、ハトがスピード違反を犯していた車の前に突如として出現。運転手の顔を隠してしまったために警察当局は証拠不十分で検挙できないという事態に追いこまれた。...

ツイッターのコメント(14)

運転のほうも視界不良で二次被害とかでてないようでよかったようなよくないような…
立川在住のイエス様「と…父さんが!」
ポッポーwww
僕じゃないからね!!!
ポッポやるなー!

しかし
30㎞制限を54㎞で走行とか
日本だと
側道とか細い道によくある
制限速度

住宅地の細い道を
54㎞で走行してたと思うと
ゾッとするよ

まー
場所にもよるけどさ
ナイスアシスト
顔を羽で隠したために運転手を特定できず(スポニチアネックス)

トゥインゴがどんだけの猛スピード?と思ったけどあっちは指示された速度を絶対に守るお国柄だった。
初代トゥインゴまだ現役。
ハトトリックか?🤔
運転手の顔を羽で隠したために 証拠不十分で検挙できず
はと迷惑だな
そんなことがあるのか
鳩殿下!

 顔を羽で隠したために運転手を特定できず― スポニチ Sponichi Annex 社会
以上

記事本文: ハトがスピード違反のドライバーをアシスト 顔を羽で隠したために運転手を特定できず― スポニチ Sponichi Annex 社会

いま話題の記事