TOP > エンタメ > 「エール」朝ドラ超えた戦場描写にネット衝撃 藤堂先生ロス広がる 森山直太朗熱演の裏側「途方に暮れた」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

「エール」朝ドラ超えた戦場描写にネット衝撃 藤堂先生ロス広がる 森山直太朗熱演の裏側「途方に暮れた」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

 俳優の窪田正孝(32)が主演を務めるNHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は14日、第88話が放送され、シンガー・ソングライターの森山直太朗(44)演じる主人公・...

ツイッターのコメント(29)

朝ドラは過去作品でも戦争バートはあるけど、こんな壮絶な死のシーンの描写は本当に初めて見たかも。。

藤堂先生の戦死に大号泣😭😭😭

裕一が心を壊してしまって辛いのが続くのが苦しいな
僕は何も知りませんでした、ごめんなさい
この窪田正孝の演技の迫力たるや
ちょっと、この二日間は度肝を抜かれました
あまりにショッキングすぎて泣けなかった。
ドキュメンタリーとか、実録映像とかじゃなく、戦争がこれほどまでにきちんと描かれたドラマを見たのは、もしかしたら初めてぐらいかもしれない
スポーツ新聞の芸能ニュースとは思えないほどの長編記事。
森山直太朗熱演の裏側「途方に暮れた」(スポニチ10/14)

録画でエール88話を観た。これ朝から観ていたら落ち込むわ。しかし、見事なカメラワーク。劇中曲もいい。
すごく胸にきた
控え目に言って、今朝のエールは凄かった。凄惨でリアルに感じたが、実際のインパールは更に地獄だったろうな。

英霊に、合掌。
朝ドラ超えた戦場描写にネット衝撃 先生ロス広がる

「映画『プラトーン』とかで目にしたような戦場、リアルな湿地帯が広がっていて。」役者にも、映画のイメージが影響したかも?
しかし、直接殺す描写=リアルとは限らない。行間でリアルを表現できた作品も多い。
今朝は朝ドラではなかった朝ドラ

8月に合わせて放送だったのかも

ただ8月に拘らず
通年、どんな時でも
忘れてはならないと伝えて欲しいこと

 森山直太朗熱演の裏側「途方に暮れた」(スポニチアネックス)
森山直太朗さん熱演の裏側「途方に暮れた」― スポニチ Sponichi Annex 芸能
兵役を経験していない古山のうろたえ方もなかなかの名演技だった

----

 森山直太朗熱演の裏側「途方に暮れた」(スポニチアネックス)
ほんっとに、衝撃的な朝になりました…しばらくしんどかった…😭
昼前に録画を観たけれど、朝観なくて良かった。
朝ドラとは思えない戦争の描写。
胸が苦しくなる程素晴らしい演技だった。
凄惨、覚悟。
インパール作戦の司令官の言葉。
『弾丸がなかったら銃剣があるじゃないか。銃剣がなくなれば、腕でいくんじゃ。腕もなくなったら足で蹴れ。足もやられたら口で噛みついて行け。日本男子には大和魂があるということを忘れちゃいかん』

多くの日本兵が犠牲になった。
今朝の の記事。藤堂先生への第一話の鉄男のあれ、これを見込んだ伏線ではなかったってことになるのね→
藤堂先生の喪失、墓前から始まるドラマにロスの言葉は広げすぎな気も
朝弱いので家に帰ってから 見てるんだけどこれは、、覚悟して見ないと😭
記事タイトルは「ロス」とか浮かれた印象だけど、内容はしっかりしてる。
ロケは植層が日本だけどそれっぽく見せてるなーどこだろうと思ってたら千葉だったのね 。
「 」朝ドラ超えた戦場描写にネット衝撃
単なるネット上の感想を集めたものかと思って読み始めたら、そうじゃなかった。読み応えのある記事です。
藤堂先生インパール作戦で戦死したのか(´;ω;`)ブワッ←全然見れてない
ドラマの内容はともかく……。
ボクも若い頃はビデオ作品を何本か監督して、友人やそのまた友人などに出演をお願いしたことがあるが、そのほとんどが、演じることの楽しさ、難しさ、奥深さを語り、「是非またやりたい」と言っていたのを思い出す。
本日10月14日(水)
「 Annex」にて記事が公開されました。

、、

是非、ご覧ください!宗
「」 森山直太朗が語る熱演の裏側「清々しい最期」朝ドラ超えた戦場描写に衝撃― スポニチ Sponichi Annex 芸能
「エール」藤堂先生戦死 ロス広がる 森山直太朗が語る熱演の裏側「清々しい最期」朝ドラ超えた戦場描... (スポニチ) 連続テレビ小説「エール」第88話。撃たれた
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR