TOP > エンタメ > 武田鉄矢、筒美さん死去に決意、作品は「私が語り部となって残していきたい」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

武田鉄矢、筒美さん死去に決意、作品は「私が語り部となって残していきたい」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

 歌手で俳優の武田鉄矢(71)が13日、BSテレ東「武田鉄矢の昭和は輝いていた」(金曜後8・00)が今月23日に放送300回を迎えるのに合わせ、都内で取材会を開いた。

ツイッターのコメント(14)

お呼びでない。植木等の真似でもしたらどうだ?(呆)
筒美京平氏と面識がないのに、なぜ語り部になるのか…
喋り歌も嫌いなので、できれば筒美さんは遠慮してもらって坂本龍馬だかなんだかを使って下らない人生訓を語って下さい。。。
何を言っているんだ?このクソ野郎。餅詰まらせて早く死ねよ。
え⁉︎ あんた誰? >
要らん講釈挟まねえで、ただ曲を流すだけでイイと思うぞ
丁重にお断り申し上げます。
「私が語り部に…」
この厚かましく、身勝手な感覚が、「中曽根に弔意を」へと続く。
「武田は生前に会ったことはなかったが」
厚かまし過ぎてすごい
昭和大衆文化の泥臭さやコンプライアンスの欠如を良くも悪くも体現する人物なので、筒美京平の洗練とは無縁だろう…
相方・須黒アナのご結婚をお祝いする場のはずが…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR