東国原英夫 給付金のマイナンバーカード申請に不快感「コロナ禍に便乗しているよう」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

 元宮崎県知事で衆院議員も務めたタレントの東国原英夫(62)が17日、自身のツイッターで特別給付金のマイナンバーカード申請について持論を展開した。

ツイッターのコメント(21)

別に運転免許でいけるやん 逆にマイナンバー必須じゃなくて拍子抜けしたわ
-------------
【芸能/Twitter】 [伝説の田中c★]
スピード感が一番求められているのに、国のやってることは“ブレーキ“かける事ばっかり。アベのマスクは届く気配すら無い…、巷でマスクは暴落必至。
給付金のマイナンバーカード申請に不快感「コロナ禍に便乗しているよう」「しかし、今回、マイナンバーカード制度を広げる為にコロナ禍に便乗している感じがして不快である」と、政府のやり方に不快感を示した。
まったくだー!
不快感とかアンタは偉い人なんやろうね!
私はコロナ便乗もマイナンバーも大反対である。◆
これを便乗ととるなんて、ひねくれてんじゃないの!

- スポニチ Sponichi Annex 芸能
マイナンバーカードは身分証明書としての機能だけに制限するのが望ましい。常時携帯を義務付けるのが基本と思います。ICチップは住所、氏名、生年月日のみ。
仮にも知事を務めた男。
この騒ぎに便乗して…という表現は如何か。
ホンコレ ➡  - スポニチ Sponichi Annex 芸能
 
PR
PR