TOP > エンタメ > 橋下徹氏 検察庁法改正は「反対」も「原則は検事長というのは内閣が人事権を持ってる」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

橋下徹氏 検察庁法改正は「反対」も「原則は検事長というのは内閣が人事権を持ってる」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(50)が17日、フジテレビ「日曜報道 THE PRIME」(日曜前7・30)にリモート出演。検察官の定年を延長する検察庁法改正案についてコメントした。...

ツイッターのコメント(16)

@NikoNe_san_2525 @kaisha4kai 絵にかいたようにおだてられて天狗になってますね
けれど検察定年延長に賛成って言ったらその事は
完全にスルー
慌てて橋下徹が「反対」とか言い出してフォロー
国民よりもマスコミのご機嫌伺いな連中
「原則は検事長というのは内閣が人事権を持ってる』
これ知らないで釣られた芸能人、ウジャウジャいそうだ。
で、三権分立云々といい…。
明日以降も騒ぐ。
隠れ与党が方向修正してきたな > - スポニチ Sponichi Annex 芸能
安倍政権容認派の言か‼️クマッタ‼️‼️。
たまには知識も披露しないとね

んで
三権分立云々の解説はないの

只じゃだ解説しません
って事かな
「ただ内閣も法律の解釈権を持っていますから、その解釈が間違いならば国民が選挙で落とせばいいので」

「選挙で落とせ、自分で変えろ」最後はこれしか言わない。
そうだよ!これもいわゆる僕たちがこの国をどうして行きたいか?が問われてる。ファクリカみたいに政治家の犬みたいな司法にしたいのか?否かによって答えが変わる
「今回の解釈の変更は強引だった」
強引なのにプロセス不透明。
議事録なし。
口頭決裁。
決裁文書なし。
発案者は誰?何のため?誰のため?
総理大臣は国民投票で決めて~
スポニチアネックス Annex: 橋下徹氏 検察庁法改正は「反対」も「原則は検事長というのは内閣が人事権を持ってる」.
法律家の視点から確り解説している。今急いで改正する必要はないが検事長は内閣の人事権という部分はとても重要だ。 検察庁法改正は「反対」も「原則は検事長というのは内閣が人事権を持ってる」― スポニチ Sponichi Annex 芸能
※明日の天気は晴れかも知れないが雨かも知れない天気予報みたいなコメントを出すだけの簡単なお仕事です
なるほど🤔🤔🤔
人事権って・・・誰にするか(任命)って話だよね?
“辞めさせないこと”“定年を延長する”のは該当するの?
「その解釈が間違いならば国民が選挙で落とせばいい」はちょっと違うと思った。選挙以外は全て一任されていると政治家が考えているとしたらそれはおかしくないですか。政治家の判断が国民の意思に反していたらその都度軌道修正も検討すべきでしょう。
出た、毎度毎度の『反対』と見せかけて、最後は『賛成』する自民補完勢力…
なるほど。【link】
以上
 

いま話題のニュース

PR