岡田晴恵教授 都医師会のPCRセンターに「早急に東京都をモデルケースとしていろんな自治体に広げて」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

 感染免疫学、公衆衛生学を専門とする白鴎大学教育学部の岡田晴恵教授が13日、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演。新型コロナウイルスのPCR検査について言及した。

ツイッターのコメント(31)

PCRセンター自体が 1. 集まった人々によるクラスターにならないこと、2. 院内感染の起点にならないことが絶対条件です。◆ 都医師会のPCRセンターに/

医療資源の窮迫をいう医師会の施策として矛盾を感じるけど、それは部外者があずかり知ることでもない。
(2020/4/13)

>東京都医師会が新型コロナウイルスのPCR検査のため、PCRセンター(仮称)を都内6カ所に設置する方針を固めた
へえ!保健所の回線がパンクしている今、これは増やすしかない。

そのかわり、軽症者待機場所を早急にもっと増やすことが必要だけど、ここで判明した陽性患者はホテル隔離か自宅待機が選べるのだろうか?

そもそも民間検査陽性の人達は自宅待機?
これって国が主導してやるべきことじゃないのかな?
関わってるのかな?
1月からモーニングショーの岡田先生、玉川さんが言ってきた事が正しかった。報ステも堀じゃあ駄目だろ。
岡田教授は2月からずっと「このままの体制ではダメだ」って言い続けてたから、遅いにしても朗報だね。
テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」、13日
各自治体はあべの犬なので身動き取れなくなるまで何もしないのでは?
と思いますよ。
都医師会。
都内6箇所の病院の一角や敷地内の屋外にPCRセンターを設置する。かかりつけ医が診察した患者で、新型コロナウイルス感染の可能性が高い場合、そこで検体採取し民間の検査会社に検査を依頼する。
帰国者・接触者外来の負担を軽減するという。

早く進むといい。
かなり前から岡田教授が提言してましたね。今ようやく。遅すぎたということになりませんように。#新型コロナウイルス
 都医師会のPCRセンターに「早急に東京都をモデルケースとしていろんな自治体に広げて」― スポニチ Sponichi Annex 芸能
 
PR
PR