TOP > エンタメ > 加藤浩次 外出自粛の意識に危機感「“わが身”だったらまだマシ…自分が誰かを殺す可能性がある」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

加藤浩次 外出自粛の意識に危機感「“わが身”だったらまだマシ…自分が誰かを殺す可能性がある」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が6日、日本テレビ「スッキリ」(月~金曜前8・00)に生出演。新型コロナウイルスの感染拡大が続いている中でも外出する人が存在している現状に対して、危機感を口にした。...

ツイッターのコメント(11)

自分もテレビ出てるじゃん!何言ってるの?
ホントこれなんだよ。おれがかかって死ぬ分にはなーんの問題もない。一方、優秀な若い子に絶対うつしたくないのよ。
本当にその通りだと思う。
ほんと!そのとおり。誰かに移してその方が亡くなりでもしたら一生後悔しちゃう。
いじめで他人を殺してる社会だから、言わんとすることには同意なんだけど、難しいかもね〜
ほんと、これだね。
本当にこれなんだよなあ
逆をいえば誰かに自分や自分の大切な人が殺される
ホントそれ

ついでに香りの強い柔軟剤とタバコも同じですよ

この2点も気管支に宜しくない
だからそのことだよ。
本当そう思う。
自分もかかりたくないが、それを誰かにうつして、殺してしまう可能性だってある。
事の重大さを、国民全員がよく考えて行動すべき。

 外出自粛の意識に危機感「“わが身”だったらまだマシ…自分が誰かを殺す可能性がある」― スポニチ 芸能
以上
 

いま話題のニュース

PR