大村巌氏 阪神・糸井はまるで“子犬のよう”褒めるとなんでも即習得 指導法を変えてくれて感謝している― スポニチ Sponichi Annex 野球

 糸井が入団3年目を迎えた06年の4月だった。投手から外野手に本格転向。当時、2軍打撃コーチだった私が指導役を任された。...

ツイッターのコメント(10)

糸井さん✨凄い優秀な子犬だった
あの素晴らしいプレースタイル🌟
この始まりからあの時確かに私達一緒見て泣き笑った💖ありがとう
子犬扱いされてた糸井とか想像すると草(とはいえ、巌はこれで指導方法の転換が出来たから世の中分からない)
>ペットコーナーで「子犬の飼い方」という一冊の本を見つけた。犬は褒めてあげるとそれが習慣となり、その後は褒めてほしいから、いいことをすると書かれていた。

超人超えて、子犬
糸井が入団3年目を迎えた06年の4月だった。投手から外野手に本格転向。当時、2軍打撃コーチだった私が指導役を任された。
"参考になるものを探すため書店に立ち寄ると、ペットコーナーで「子犬の飼い方」という一冊の本を見つけた。"

🐶😂🤣😂🤣😂🤣😂🤣😂
>>>「ずっとダメと言われていたら、本当にダメになってしまいそうです」。この“怒りの一言”で指導方法の見直しが必要と気づかされた。参考になるものを探すため書店に立ち寄ると、ペットコーナーで「子犬の飼い方」という一冊の本を見つけた。

本当に子犬だったんだな
糸井くんのコメント。
この話だったんだ。^_^
「彼のおかげで私の指導法や考え方は大きく変わった。本当に感謝している。この年齢までよく頑張ったと思う」
子犬の飼い方w でも、指導のメソッドとしては至極真っ当な方法だと思う。
以上
 
PR
PR